カテゴリ:オーディオ > 自作スピーカー

1日乾燥させてからバッフル面の仕上げに入ります。 素焼きの型を使ってバッフルを整えてゆきます。 こんな感じです。 整ってきました。 もう一方。 感な感じです。 もう一度ひっくり返して、、、、。 穴あけ、、、、。 ...

さて、今回はバッフル面を仕上げてゆきます。 素焼きの台に乗せてひっくり返しますよ。 バッフル面はこんな感じ^^;w もう片方はこんな感じです^^;w 濡れた雑巾を乗せて少し柔らかくして加工しやすくします。 こんな感じで一晩置きます。 ...

ワンペアできたので、穴を開けてゆきます。 こんな感じか? 今回は小さめにしてみます。 ...

粘土を杵で潰してゆきます。 型はこんな感じだ。 もうちょいか? こんなもん??w 型にはめてゆきます。 ぐにゃぐにゃ??w 内側から叩きます。 はみ出した部分をカットします。 こんな感じです。 こちらはこんな感じ ...

さて、作戦変更です^^; 4Lほどのバスレフのウサギ小屋ですけど、中にはポップストーンが詰めてあります。 ポップストーンはナノ単位の多孔質で、穴の大きさは炭や活性炭より少し大き目でしょうか? これを詰めることによって、箱の内部に発生する定在波をキャン ...

それでは、ダクトを太くて短いものに交換して特性を見て見たいと思います。 とりあえず、大まかに状況を把握したいのであり合わせのものです。 系が8cmくらいで、長さは5cmくらいでしょうか? まずは軸上30cmでの測定。 75Hzあたりに盛り上がりができまし ...

さて、密閉状態にして特性を見ていきます。 ポートに非硬化パテを詰めて塞いでしまいます。 まずは軸上30cm。 うーん、、、、。 60Hzから急降下。 ユニットの近接測定。 2chリスニングポジション。 代わり映えしませんね^^; 前回のデータと重 ...

飾り物状態で一年半放置してあったサンスイXL-700Cですが、ようやく重たい腰を上げてレストアを試みることに^^;w まあ、マルチウェイのサンプルとして1台くらいはあった方が良いのかなと、、、、。 症状としては、いくつかのユニットから音が出ていない! 今回は ...

さて、パーライトの効果が今一つだったので、ポップストーンに変更してみます。 これだけのパーライトが出てきました。 同じように、ポップストーンを仕込んでみます。 今回もエンクロージャーの容積の70%くらいを埋め尽くす量です! まず聴感ですが、ポップ ...

さて、それでは、もう一度パーライトの評価のやり直しです^^; 今回はパーライトのみを入れてみます。 こんな感じで、エンクロージャーの容積の7割くらいはパーライトで埋め尽くされていますよ^^; さて? どんな特性を示すのか??w ユニット軸上 ...

さてと、、、、。 今回は、コットンの効果を見るために、コットンを全て抜いてみることにします。 この箱は、元々吸音材は入っていません。 LCネットワークのない2Way構成になっています。 Low側とHi側それぞれに、入力端子が独立していて、コンポの方で、あらかじめ ...

さて、今回は、パーライトを抜いてみることにしました^^; 当初、パーライトを理想的に配置するにはどうすれば良いかということで、コットンに包んで、ふわりと、浮かせてやれば良いかなと、思いました。 コットンは、あくまでも、パーライトを、配置するための、サ ...

さて、CF404−8Aをパーライトでチューニングしてみましたが、測定結果が思わしくなかった^^; 空振りかと思いましたが、、、、、。 今日になって、FMを流していると、どうも様子がおかしい??w やけに低音が出てきました。 なんでだ?? もう一回、測定のやり直し ...

タイムドメインとFドメインを融和させてしまうくらい、威力のある、パーライトを、バスレフで使ったら?? 何が起こるのか?? これは、確認しておかねばなるまい!w 現在は、メラミンスポンジを入れてあります。 風通しが良い、吸音素材なので、このくらい入れても ...

さて、FOSTEXのFEシリーズは、なかなか目を覚まさない?? ことで有名で、エイジングで、音が激変するとかいう話をよく耳にします^^; まだまだ、どんな仕様にするか? 構想も決まっていないので、とりあえず、動作確認とエイジングをしていきます。 100円のMDFに ...

さて、前回は、メラミンスポンジ、コットン、ポップストーンの比較でした。 ポップストーンが音響的には、最高だと思ってるんですが、現在、どこにも販売されていません^^; もう手に入らないので、代替素材を探すことにしました。 っていうか? 去年までは、在庫が ...

さて、今回は、TangBandのPPコーンのユニットに変更して、同じように共鳴管の実験を行いました。 前回使用したPC用ユニットは、JBLの紙のコーンです。 MMSはJBLが測定値1.62gで、TBのユニットがメーカーの公表値で1.9gです。 オーディオ用の8cmユニットとしては、2gを ...

さて、今回は、管の太さについて検証してみます。 同じ1mの長さのボイド管三本を同じ条件で測定して行きます。 50mm 75mm 100mm こんな感じです。 比較するために、重ねてみます。 黒:50mm 緑:75mm 赤:100mm ごちゃごちゃしてわかりにくいか?? ...

さて、共鳴管の実験をするために、ボイド管を買い込んできましたよ^^; まずは、50mmのパイプを使って、長さの変化に対して、音がどう変化するのかを探ります。 今回も、管の出口付近の近接測定です。 共鳴管内部での、音の変化が読み取れるはずです。 まずは、一 ...

さて、吸音素材の評価をしてみます。 評価ように、5cmπの紙管を用意しました。 この紙菅に、吸音素材を目一杯かっ詰めて、出口の音を測定します。 同じ条件で測定すれば、それぞれの素材の特徴が、見えてくると思われます。 なお、今回の測定で得られるデーターは、 ...

さて、しばらく聴き込んでみましたが、ちょっと納得いかない??w 再調整です。 ポップストーンを仕込んでみましたが、ポップストーンは、吸音効果というより、音を活性化する作用が強いようです。 高周波は吸い込んでくれますが、中域あたりの音は高速に弾きかえす ...

さて、ウレタンゴムだとどうも納得がいかないので、ゲルを仕込んで見ることに^^; ハサミでゲルをカットしてみました。 切っても切れないのがゲル^^; 持ち上げて、、、。 はめて見ようとしましたが、ちょっと難あり、、、。 両面テープを貼って、、 ...

実験用の部材を買い込んできました。 フィッティング。 やっぱりこっちか? ホットボンドで、ナットを接着します。 こんな感じか? グラウンドアンカーの重量は1.2kg、ユニットのM0は1.2gほどなので、重量的には理想的なはず。 ユニットの有効振動 ...

さて、これまで試したユニットには、この箱は小さすぎました^^; んなら? 一回り小さなユニットに変えれば、いいんじゃね??w ということで、一回り小さな、ラジオ技術が作ったRG-W1を試してみました! サイズが合わないので、試してなかったんんですけど? こ ...

さて、3本目はフォステックスFE-127Eです。 こちらはどうでしょうか? サイズは、ジャストフィットですけど^^; 少しだけ、音を出してみて、これもダメか、、、、。 と思いましたが、しばらく鳴らしていると、だんだん目が覚めてくる感じでしょうか? な ...

PE-101Aの特性を撮ってみました。 こんな感じです。 F特は150Hzあたりからだら下がり。 バスレフポートが背面にあるので、実際にはもう少し出てくると思いますが、聴感でもやはり出ていません^^; ユニットの近接測定。 60Hzあ ...

さて、ALTECがどうにも調整できなかったので、PE-101Aを試してみることに^^;w サイズはジャストフィット! 音は?? CF404-8Aよりも、かなり聴きやすくなってる! レンジが上にも下にも広がって、低域もそこそこか?? 思っていたよりも、いい音のユニッ ...

さて、CF404-8Aのチューニングをして行きます。 まずは、特性を取ってみます。 ダクトはこんな感じ、もっと短いかと思いましたが、案外長かった^^;w 全体のF特。 バスレフのポートが背面にあるため、実際よりも低域が出ていないように見えますが、聴感でもあ ...

明らかに、チューニングがおかしい^^;w エンクロージャーの実寸を計って、シミュレーションしてみます。 実測値からユニットやポートの体積を差し引くと、この箱の容量は約5Lと出ました。 CF404−8Aを駆動できうる最小限のサイズですね^^; んでバスレフポ ...

パナのスピーカーのジャンク品を買ってきました。 ペアで1980円^^;w しばらく聞いてみたけど、、、、、。 セレクターも使えるようにしました^^; これで聴き比べが楽になります。 早速分解!w ユニットはこんな感じです。 吸音材もなければ、 ...

↑このページのトップヘ