井田の不動滝と熊野神社

能登二宮神社からほど近くにある熊野神社の参道です。

熊野山圓光寺から参道が続いております。




井田の不動滝と熊野神社

狛犬です。




井田の不動滝と熊野神社

龍神様??




井田の不動滝と熊野神社

確かに龍ですね。




井田の不動滝と熊野神社

二宮神社のは銅かなんかの鋳造製でしたが、こちらは石彫ですね。

あまり見た記憶がないかも??





井田の不動滝と熊野神社

これが熊野神社の本社です。





井田の不動滝と熊野神社

こちらが奥宮です。

熊野神社って??

どんなの??






天火明命(あめのほあかりのみこと)は、古代、熊野の地を治めた熊野国造家の祖神です。
天火明命の息子である高倉下たかくらじは神武東征に際し、熊野で初代神武天皇に天剣「布都御魂ふつのみたま」 を献じてお迎えしました。

時を併せて高御産巣日神たかみむすひのかみは天より八咫烏やたがらすを遣わし、神武天皇を大和の橿原まで導かれました。

第十代崇神天皇の御代、旧社地大斎原の櫟いちいの巨木に、三体の月が降臨しました。
天火明命の孫に当たる熊野連くまののむらじは、これを不思議に思い「天高くにあるはずの月が、どうしてこのような低いところに降りてこられたのですか」と尋ねました。
すると真ん中にある月が「我は證誠大権現(家都美御子大神=素戔嗚尊)であり、両側の月は両所権現(熊野夫須美大神・速玉之男大神)である。
社殿を創って齋き祀れ」とお答えになりました。

この神勅により、熊野本宮大社の社殿が大斎原に創建されたと云われています。






井田の不動滝と熊野神社

熊野神社からさらに1.5kmほど山中に踏み入ったところに、井田の不動滝はあります。




井田の不動滝と熊野神社

雪の上に複数の踏み跡があります。

ここに詣でる人がそれなりにいるんでしょうね。




井田の不動滝と熊野神社

瀧身代り不動尊

霊水 智慧の水

だそうです。

飲んでみればよかったのか??




井田の不動滝と熊野神社

不動尊の御堂です。



井田の不動滝と熊野神社

大聖瀧身代り不動尊



井田の不動滝と熊野神社

お堂の下あたりには不思議な穴!




井田の不動滝と熊野神社

なんのための穴???



井田の不動滝と熊野神社

不動滝が見えてきました。




井田の不動滝と熊野神社

新年のご挨拶です 

合掌。




井田の不動滝と熊野神社

井田の不動滝、落差は結構あるのに滝壺が有りませんね。

だから滝行に好都合なんですかね??

この瀧にあたることによって、不動明王様が身代わりになってくださる??

修験道というよりは大衆信仰的な雰囲気ですか??

石動山信仰の繁栄と衰退、、、、。

その辺りも関係してるんでしょうかね??

謎は深まるばかりです、、、、。




井田の不動滝 HD 1080p






 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ