天日陰比弯声

さて、初詣にまず訪れたのがここ。

天日陰比弯声辧覆△瓩劼げひめじんじゃ) 能登 二宮神社です。

IR石川鉄道に「能登二宮」という駅がありますが、この神社が由来ですね。

初めて訪れたように思います。

前の通りは何度も通ったことがあります。

昔の石道山への登山口にあたるところですね。



天日陰比弯声

往古より菊の御紋を装飾した上日庄あさひのしょう、郷十八ケ村の総社氏神でありました。
建長四年四月(鎌倉時代)能登國一ノ宮気多大社につぐ名社として能登國二ノ宮に指定され、広く各地より崇敬された御社であり、文徳天皇より後円融天皇まで九度にわたって神位を受けています。


天日陰比弯声




天日陰比弯声 あめひかげひめじんじゃ

御祭神

天日陰比彗膺 伊須流支比古大神 屋船久久能智命 大己貴命 應神天皇 崇神天皇 印色入日子命 神八井耳命 建御名方神 大毘古命 波多八代宿彌命
弥都波能売神 二宮水天宮 伊弉諾命 菊理媛命 天照大御神 菅原大神 宇迦御魂神





天日陰比弯声


由緒
当社は、人皇10代崇神天皇の御宇御鎮座であり、2,000年以上の歴史を持つ延喜式内社であります。
また、往古より菊の御紋を装飾した上日庄(あさひのしょう)、郷18ヵ村の總社氏神でありました。
建長4年4月に能登の国二ノ宮と指定され、広く各地より崇敬された御社であり、文徳天皇より後円融天皇まで9度にわたって神位を受けています。

社殿後山の大御前峰社は以前、天日陰比廖覆△瓩劼げひめ)大神をまつり、又羽咋郡市及び七尾鹿島郡市の雨乞所でありました。中腹の中御前社は崇神天皇の御廟跡及び印色之入日子命の御陵墓であったと伝へられております。また、社殿右後ろ奥の山には、船木社が御鎮座しており、御祭神として神八井耳命が祀られていたと伝えられています。

辛酉61年目毎に3日間にわたり、例大祭として羽咋・七尾鹿島両郡の諸難退散祈願祭を斎行しており、近郷より山車や獅子舞等の奉納があり、老若男女多数の参詣で賑わい、盛儀を極め現在に至っております。







天日陰比弯声

狛犬です。




天日陰比弯声

丸々としてかわゆすです。




天日陰比弯声

逆立ちのポーズですね。





天日陰比弯声

参道を進みます。




天日陰比弯声

みくりや

当神社は酒造りの祖神と云われる大三輪の神が祭られ、往古より酒造りが伝承され、このみくりやで醸造された濁酒は12月5日の新嘗祭(どぶろく祭り)にお供へし、祭典終了後、参拝客に振る舞われる。殊に正月三ケ日は、初詣の参拝客にもれなく振る舞われ喜ばれている。



天日陰比弯声

どぶろくで有名な神社です。

ここで作ってるんでしょうか?




天日陰比弯声

あめひ川




天日陰比弯声

こちらが本社です。




天日陰比弯声

手水舎



天日陰比弯声

こちらの龍神様は両手に玉を握っています。




天日陰比弯声

本社の狛犬




天日陰比弯声

立派な狛犬です。




天日陰比弯声




天日陰比弯声

菊の御紋ですね。




天日陰比弯声



天日陰比弯声

神池




天日陰比弯声

神聖な場所でしょうか?




天日陰比弯声

どうやら山そのものが神様のようです。



大御前峰社

白山の山頂と同じ名前じゃないですか?




天日陰比弯声

小さな滝があります。

わずかに水が流れています。

あめひ川へと続いているようでした。




天日陰比弯声

もう一つのお社。



天日陰比弯声

天神・稲荷社

学問の神として尊崇される菅原の神を祭る天神社と、食物の神と商売繁盛の神として尊崇される、宇迦御魂神を祭る稲荷神社が合祀されている





天日陰比弯声

鎮守の森という感じです。




天日陰比弯声

絵馬堂



天日陰比弯声

中央部には不思議な石彫が、、、、、。

これはなんだろう??


天日陰比弯声

雪の上に僅かに踏み跡が残っていました。

辿ってみます。



天日陰比弯声

石動山遥拝所

やはり石動山と深い関わりがあるようです。




天日陰比弯声

井戸があります。



天日陰比弯声

昇竜の井戸

平成28年湧水


天日陰比弯声

山椒魚の石彫。

雨乞いのお社らしく水に関わるものが多いですかね?

日陰という文字からも雨乞いに通じるものがありそうです。



天日陰比弯声

不思議な石彫がここにも、、、、、。

二宮(地名)は石動山の登拝口に当たります。

二宮(集落名)の由来

往古はこの神社境内地に、天日陰比弯声劼醗某槊支比古いするぎひこ神社の二社が鎮座されていた故に、集落名を二宮と云い神社名も二宮大明神と呼ばれていました。

石動山は往古枝摺樹山えするぎざんと呼ばれ老木大木折り重なり山鬼等の怪しき物の棲む山と恐れられ、泰澄法師が開山にあたり、それを鎮める為に養老年間、二宮の神社境内に鎮座されていた二社の内の一社、伊須流支比古神社の御分霊を現在の大峰に勧請したと伝えられています。








なるほど、そうであるとすれば能登二宮神社は石道山開山よりも歴史が古いということですね。

って言うか、2000年以上の歴史ですから^^;

紀元前かよ??w

すごいですね!

石動山をめぐる旅。

新年早々から新たな点が加わりました。

 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ