大乗寺坂

県立工業高校から本多の森ホールへと続く大乗寺坂です。



大乗寺坂

立て札があります。

大乗寺旧跡

由緒

慶長四年(一五九九)のころ、大乗寺一五世謙室呑益和尚の代、惣掘修築のため、石浦郷(本多氏上屋敷のあたり)へ移転し、さらに同六年ごろ、石浦郷の寺地は高山南坊の邸地となったため、更に移転し、今も伝える大乗寺坂の地域に移住したと伝える。






大乗寺坂

現在は綺麗に整備されています。





大乗寺坂

これはNTTの敷地かな?





大乗寺坂

撮影日は12月2日。

本多の森の紅葉が終了したのに、ここのは少し遅いみたいですね。




大乗寺坂

なんとも絵になる坂道です^^;






大乗寺坂

大乗寺坂の石板。




大乗寺坂

森の中の小径という感じですかね?

散歩にも良いコースです。




大乗寺坂

坂の途中から見える風景。




大乗寺坂

加賀富士大門山から、高三郎山、奈良岳、大笠山あたりが見渡せます。

白山連峰ではありません^^;

広義にいうと大笠山が白山連峰の東の外れという点では、ぎり、白山連峰の端っこが見えてる感じかな?



大乗寺坂

さらに登ってゆきます。




大乗寺坂

そして振り返ります。




大乗寺坂

一休みできるベンチがありました。




大乗寺坂

坂道は続きます^^;w




大乗寺坂

振り返ります。




大乗寺坂

だいぶ登って来ましたね。




大乗寺坂

ベンチ×2!




大乗寺坂

程よい木の陰もあり、風も吹き抜けて気持ちの良い所ですね。




大乗寺坂

もう一息ですかね?





大乗寺坂

坂の途中に民家のお勝手口が!!w

御用聞きとかはここから入るのか???w





大乗寺坂

良い眺めですね。

桜の咲く頃が良いかもしれません。





大乗寺坂

桜の花に遠くの雪山。

絵になりそうですね!





大乗寺坂

欅の木の前にベンチ×2!!w




大乗寺坂

国立工芸館の歴史の小径の坂を下って、鈴木大拙館を経て、大乗寺坂からまた登って来ました。

良い散歩コースだと思います。




大乗寺坂

この道を抜けると本多の森ホールの正面に出ます。




大乗寺坂

欅の前のベンチ×2を別角度から見て見ました。

なるほど、大乗寺坂は歴史もあり、絵になる風情のある坂でした。

金沢の坂道シリーズ、地味に更新していこうと思います^^;w






【本多町・大乗寺坂】
大乗寺坂は、本多町から小立野台の本多の森ホール辺りに上る坂道です。
道幅は狭く、階段になっていて車は通れませんが、階段の脇には狭いながらも段のないスロープがあり、自転車も通ることができます。いつも私は、坂が急で幅が狭いので自転車を降りて押してと云うより引っ張って下ります。

坂は、地形の影響か、小さい曲りが幾つかあり木々も多く、昔程ではないが、うっそうとした感じもあり、坂の途中にちょっとひと休み出来る場所もあり、坂として魅力が多く、坂の上には本多の森ホール、NTTや北陸学院中高、県立歴史博物館、加賀本多博物館や県立美術館。
下には県立工業高、遊学館高や鈴木大拙館と意外に通る人もあり、通学に生活に利用者が多い坂道です。

坂の名前の由来ですが、坂の上り口付近に、今回のテーマである幻に寺院大乗寺があったことによります。


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ