Trail Note

うちのMacBook Pro 2016 13インチモデルは普通にMontereyでTrail Noteが使えましたが、今回正式対応のアナウンスとアップデートがあったようです!





現在の最新バージョンは、Ver1.2.8です。

Ver1.2.8

リリース日:2021年11月11日

macOS Monterey対応
標高の取得精度の向上
海外GPXデータの読込許可(OpenStreetMap固定、印刷・標高取得不可)



Trail Noteって何??w

え?w





TrailNoteは、登山者向けの地形図印刷・ルート編集アプリ(Mac用フリーソフト)です。

磁北線やルート線、標高グラフを組み込んだ、登山用の地図(1/25000図)を、簡単に作成できます。

2021.11.11にVer1.2.8を公開しました(Monterey対応&機能修正)


Mac専用アプリです!

Windows版はありません!!w

Mac使いで山に登る人なら必須ですよ!!w


TrailNoteの主な機能

1/25000、1/15000、1/12500、1/10000地形図の印刷(B5〜A3サイズ)
地形図のPDF出力、コンビニ向け出力
ルート入力・編集(移動、削除、追加、折り返し、反転、間引きなど)
標高グラフのリアルタイム表示、標高の再取得
GPXファイルの入出力
磁北線、緯度・経度線、ルート線の印刷
等高線、道路、建物、川などのカラー変更、道の強調
ウェイポイントの追加・編集
ウェイポイント、標高グラフ付き地形図の印刷
登り、下りの色分け印刷、ピーク、コルの表示
複数トラックの表示
GPXデータ(トラック・ウェイポイント)のリスト表示
トラックの分割・結合、時刻補正

ヤマレコの山行記録、YAMAPの活動日記からのルート取り込み

↑ ここ重要よ!!w



通常はサブスク契約を結ばないとダウンローでできないGPXファイルをTrail Noteを使えば読みけるというわけか??w

多分そうかも??

そうでない場合も確認してますが^^;w





動作環境

Mac OS X 10.9 (Mavericks)、10.10 (Yosemite)、10.11(El Capitan)、macOS 10.12 (Sierra)、macOS 10.13 (High Sierra)、macOS 10.14(Mojave), macOS 10.15(Catalina)、macOS 11(Big Sur)、macOS 12(Monterey)
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)、10.7 (Lion)、10.8(Mountain Lion)



ニャンと!!

Snow Leopard Mac OSX 10.6から対応だぞ!!w

12年も前のOSでも使える!!

家に動くMacがあれば絶対に試してみるべし!!w

私の場合パラレルデスクトップでWindowsを使用している最大の理由はKashmir3Dを起動させる事でした。

しかしながらTrail Noteが普通に使えるのであればもはやKashmir3Dに頼らなくても済むのかな??

そんな予感がして参ります!w

これからは積極的にTrail Noteを使ってゆきたいと思います。

M1以降のMacになったらもはやパラレルでWindowsを立ち上げるとかいうのも過去の話になる可能性もあるし、Macだけで必要なことを全て実現できればそれに越したことはない!

今後はほぼ全てのことがスマホで実行できるようになると思われるので、Windowsよりはスマホのアプリがそのまま実行可能になるMacの方がより多くのことを実現可能になるのではないか??

そんな予感もしますかね??w

特にGPSに関してはスマホの方が断然使っているユーザーが多いはずなので、それをそのまま取り込めるとなれば、Trail Noteの使い道はむしろ未来がひらけている予感がしてまいります!w


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ