Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/125 800
Exposure Bias - -2 EV

さてマイクロニッコール4/105その2です。

これも−2EVマイナス補正がかかっていると言うか、外すのを忘れていました^^;w

ただ、露出的にはドンピシャに近い感じじゃないですか?w

この玉は結構マイナス補正に強そうですね。

単焦点で3郡5枚構成ですか?

その辺のアドバンテージだと思います。




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/200 100
Exposure Bias - -2 EV

これも−2EVアンダーに振っています。

意図したわけではなく、単純に設定を戻し忘れただけです^^;

こう言う対象だと、背景をドーンと沈めて主題を引き立てるのにアンダー補正が有効だと分かりますね。




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/400 100
Exposure Bias - -2 EV

アキアカネです。




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/500 100
Exposure Bias - -2 EV

この2枚はマイナス補正がかかって暗すぎるのをレタッチで持ち上げています。

−2EVは極端だと思いますが、−1EVくらいで撮影して置いてあとでレタッチで調整する方がうまく撮れそうな予感はしますね。




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/320 100
Exposure Bias - -2 EV

このコマも−2EVからレタッチで持ち上げたものです。

意外といけるね??w

フルサイズセンサーの懐の深さか???w




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/1000 100
Exposure Bias - -2 EV

ここにきても未だに−2EVのまま^^;

レタッチで持ち上げています。

むしろその方が良いんじゃないの??w

このシーンではハイライトの白飛びは無いかもですが、ハイライトが飛びそうなシーンであれば迷わずマイナス補正をかけるべきだと思います!w




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/125 160

これはなんだろ??

しめ飾りみたいな???w

こう言う対象はまさに望遠マクロが得意とする分野ですかね?





AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/160 100

徳田秋声記念館。

浅野川の河川敷に出ました。




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/125 140

水門バルブ??




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/125 140
Exposure Bias - 0 EV

梅の橋。

ここまできて、ようやくアンダーに2EV振っていたのに気が付いた???w

おそ!!w





AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/125 110

なぜか朝顔が咲いている??w

10月なのに??w




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/160 100

2枚ともF8ですね。

朝顔の花がなんとも生々しい描写です!




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/4.0 105.0 mm 1/1000 100

こちらは開放!

背景のボケもそんなに悪くはない。

インフォーカス部の切れ味は開放から上々です!




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/4.0 105.0 mm 1/640 100

植物を撮影するならこれは必須レンズですかね??

切れ味が良くてしかも柔らかい!!

サイ&コーです!!w



AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/4.0 105.0 mm 1/640 100

完璧じゃ!!w

開放から十分使えてしかも割と軽量!

山に連れて行く気にもなります^^;w

そうだね、NEX-5Rに標準ズームとD750にリアルマクロの2台持ちならどうだ??w

5Rが換算24mmー75mm、D750が105mm。

レンズ交換の必要がないのとリアルマクロが使える利点を考えればありじゃね??





AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/200 100

梅の橋から上流方面。




AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/320 100

下流方面。





AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/125 160

このコマは補正なしです。

すこし明るめに出るのかな??

だとしたら、普段から−1EVくらいで使っても良いのかもしれません。





AI Maicro-NIKKOR 105mm F4
Nikon D750
Ai Micro-NIKKOR 105mm F4
ƒ/8.0 105.0 mm 1/200 100

単焦点レンズなので描写はものすごく良いです!w

ただ、ズームできないので万能レンズにはならないかな^^;

常用レンズというよりは、やはりマクロ撮影を中心とした対象を絞った使い方になるんでしょうね。

植物の生々しさはこれまで使ってきたニッコールの中では飛び抜けて優秀だと感じました。

105mm F2.8と比べて見たいところではありますが、F4はサイズが大きい割には軽量なのとなにせ正常玉が5千円で入手可能という安さが最大の魅力になります!w

マクロ撮影という用途であれば、手持ちの24−85mm F2.8-4というズームレンズが35mmから85mmのレンジでマクロ撮影が可能なので105mmという画角はちょうど被らなくて好都合です。

実用性という意味では24mm広角開放F2.8から中望遠85mmまでのズームが効いて、しかもマクロ撮影も可能となればそのレンジ内の単焦点マクロは使用頻度が極端に低くなりそうですし^^;w

まあ、その辺はせっかくなのでリアルマクロとズームレンズのおまけ??マクロの描写も比較してみたいとは思います^^;

今回のマイクロニッコール実戦投入編はまだ少しコマが残っておりますのでその3に続きます!!




 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ