豚の生姜焼き

今回は豚の生姜焼きです!

スジを切ってバットに並べてゆきます。




豚の生姜焼き

生姜と玉ねぎをすりおろします。



豚の生姜焼き

並べたお肉に塩胡椒、生姜、玉ねぎをすりおろしたものを振りかけます。




豚の生姜焼き

こんな感じだね。



豚の生姜焼き

ラップをして20分から1時間くらいマリネします。



豚の生姜焼き

春キャベツを刻みます。




豚の生姜焼き

にんじんを千切りにします。




豚の生姜焼き

ピーマンも入れました^^;

水にさらしておきます。




豚の生姜焼き

良く混ぜ合わせてザルで水を切ります。




豚の生姜焼き

玉ねぎを炒めておきます。

軽く塩を振りました。




豚の生姜焼き

マリネしておいた豚肉に片栗粉を振ります。




豚の生姜焼き

米油を張ってスキレットで焼いてゆきます!

片面は焦げ目がつくまで焼きます。




豚の生姜焼き

ひっくり返しますが、反対面は10秒ほど焼いたら取り上げてしまいます!




豚の生姜焼き

焼いたらボウルにあけてゆきます。




豚の生姜焼き

どんどん焼いてゆきます!



豚の生姜焼き

全部焼いたら予熱したフライパンに乗せます。



豚の生姜焼き

ここで生姜焼きのタレを加えますが、あらかじめタレだけを煮詰めてお酒を飛ばして、つめてあります。

肉を入れてから煮詰めると肉が硬くなるので、肉を入れる前に煮詰めるわけです!

ここがポイント!!w



豚の生姜焼き

タレを絡めてしばらくしたら、、、、。



豚の生姜焼き

炒めた玉ねぎを加えます。




豚の生姜焼き

軽く混ぜ合わせたら火を止めて完成!!

肉も玉ねぎもあらかじめほどよく火を通しておく。

生姜焼きのタレもあらかじめ煮詰めておいてベストな状態に持っていっておく!

全てがベストな状態で合流したら、長く煮詰める必要は全くありません!!w

軽く混ぜ合わせればOKっす!!w

合流した時点で何かが未完成だとそれを待つ間に肉は硬くなって、玉ねぎはドロドロになります!w

正確に言えば、それぞれを90%の状態に持っていって、最後の10%一緒に混ぜながら火を通す感じですかね?

なので豚肉は片面はメイラード反応が起こるまで焼いても、もう片面は10秒で終了です!w

少しピンク色が残ってるくらいで大丈夫!



豚の生姜焼き

春キャベツを一緒に盛り付けます。



豚の生姜焼き

こんな感じだ!!w



豚の生姜焼き

うんま!!w


めっちゃ柔らかい!

タレが奥深い!!w

タレを仕上げておいて、肉は鉄板でしゃぶしゃぶをするくらいの感覚で軽く焼く。

それでもタレが染みたらない感じにならないのは、焼く前に豚肉に塩胡椒、生姜、玉ねぎのすりおろしでマリネして味を染みさせているからです!

先にタレを煮詰めて仕上げておいて、タレにつけおきして焼くというのもありかもしれませんね。

今回は若いシェフのやり方を参考にしました。

このシェフは超高級なレストランのやり方をマスターしているようです。

肉を軽く焼いたら休ませるというのも、このシェフのやり方ですね。

軽く焼いて休ませて、落ち着いたらまた火を通す。

ゆっくりと火を通してゆくんですね。

この動画は斬新で、しかも説得力があります!w



これより旨い生姜焼きを知らない!
プロが教える肉の選び方、焼き方から徹底解説!