Ai NIKKOR 50mm F2

さて、正常品という触れ込みでオクで購入したニッコールですけど??

まあ、一見正常品に見えますか??w




Ai NIKKOR 50mm F2

光に当てるとこのように夥しい量のホコリが現れます^^;w

精神衛生上悪いので、良い子は見ないようにした方が良いと思います!w

この程度であれば普通に使えます!




Ai NIKKOR 50mm F2

そこんところは、やはりできるだけ本来の能力を発揮させたいじゃないですか!w




Ai NIKKOR 50mm F2

こっちの方がフィットするか??

吸盤を押し当てて名盤を外します。





Ai NIKKOR 50mm F2

こんな感じです。




Ai NIKKOR 50mm F2

続いてシェードを外してゆきます。

これもゴムを押し当てて回します。




Ai NIKKOR 50mm F2

外れました。




Ai NIKKOR 50mm F2

こんな感じですね。



Ai NIKKOR 50mm F2

カニ目レンチを入れて前群を外します。




Ai NIKKOR 50mm F2

緩んだらサッカーを当てて回した方が早い!




Ai NIKKOR 50mm F2

前玉を外したところ、、、、。

後玉を確認しますが、だめだこりゃ^^;w

手の届くところはクリーニングしておきます。




Ai NIKKOR 50mm F2

ニッコールの前玉は接着剤で固定されているのでソークオフジェルで溶かしてから外します。

接着剤を封入した穴?があるはずなので、そこに注射器とかで少量注入します。




Ai NIKKOR 50mm F2

そうしないと、ここが外れません^^;



Ai NIKKOR 50mm F2

外れました。

レンズを磨いて元に戻します。




Ai NIKKOR 50mm F2

どうじゃ??

確認しながら、ダメならまたやり直し!w




Ai NIKKOR 50mm F2

まだ埃は取り切れていませんが、最初の状態と比較してみてくださいませ!w

こういうのを実用玉と言うのだよ!!w

今回は正常品という触れ込みだったのでちょっと高い??といっても5千円代くらいか??

を落としてみましたが、オクは品質と値段が比例していないのが一般的で、、、、^^;

もしかしたら2千円代くらいでもっと良いものがあったかも知れませんね!w

カビは取れるのであっても構いませんが、クモリは種類によるのでなんとも言えないかな、、、、。

この時代の光学ガラスには鉛が使われているので、まあ、ニッコールではあまり見かけませんが、鉛の酸化??によるクモリはどうしようもないです^^;w

実際にはキタムラあたりで手に取って確認してから購入するのが一番確実だと思いますね。

全国の店舗からお取り寄せ可能ですしね。


あ!w

ファーストインプレッションはクリーニングした後のものですので、本来の性能に近いと思います!w