Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

さて、カビ玉でのレビューが続いていましたが、ここからは正常品!

ほぼ100%玉の力を発揮してくれるでしょう!!w

って??

なんだよこれ??w

レンズの透明感が全然違う!!w

まあねぇ、、、、。

当然か?w




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

コムラサキ。

絞り値はF8ですかね?



Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

山歩きにはもってこいの万能レンズです!w



Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

オクラ

やっぱカビ玉とは全然違うやん!

当たり前か??w




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

自然観察とか、図鑑用の写真撮影とかに向いてると思われます!w




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

にゃんこ!w



Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

ピントさえ合えばこっちのもの!!w

合えばね^^;w




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

ズームにしては悪くないと思う!



Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

こうゆう間合いの背景が気になるかな?

絞りは開放かな?




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

こっちはF8かな??

細かくいじると訳が分からなくなるので、開放とF8の二段階のみで撮影しています^^;

どっちかが外れても、どっちかが当たる感じですかね??

テレ側に振るとF11あたりになってるかも??





Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

このくらい近接なら背景は気にならない。




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

こっちは開放かな?




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

ほんと、自由自在なんすよ!w




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

なんでもこなせる万能レンズ!w




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

ひらめきがそのまま絵になる!w





Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

にゃんこ!w




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

どうじゃ??w




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

使いやすいっす!w




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

背景が気になるか??




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

クリ!w




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

いんじゃね??




Second impression
NEX-5R AI AF Nikkor 24-120mm F3.5-5.6D

万能レンズだね!!w

これ一本で広角から望遠、マクロまで!

本家のニコンユーザー様達からはあんまり評価が高くないレンズだということは知ってますよ!w

わたし的には、いい意味でニコンらしくないところが気に入ってます^^;w

数値の高いレンズが良い絵を描けるわけじゃないのよ!w

力の入れどころと、抜きどころ、この塩梅が大事なの!w

中央から隅々まで優秀すぎると絵は写真というよりCGに近い嘘くさい物になってしまう。

良いところとダメなところが同居していて、その中できらりと光る個性を発揮してこそ生きた絵が出来上がるのです。

そういう意味で、この玉には物凄い可能性を感じるんだな^^;w

もちろん、ダメダメな絵もそれなりに出てきますけどねぇ、、、、。

だから面白い!w