カバイロオオホウライタケ

またまた微妙なキノコを発見!w

傘に放射状のシワがある!



カバイロオオホウライタケ

柄は非常に硬い!



カバイロオオホウライタケ

ヒダは直生〜上生で疎。

不食とされているが毒はなさそう??w

肉は硬くで美味しくないらしい、、、、。

まあ、憶える価値があるのかどうか??

微妙なキノコですね。








キシメジ科
Marasmius aurantioferrugineus

食毒:不食
発生時期:秋
発生場所:広葉樹林落葉
傘:放射状のしわ有
傘の下面:ヒダ、直生〜上生、疎
柄:中実、強靱








カバイロオオホウライタケ Marasmius aurantioferrugineus
ホウライタケ科ホウライタケ属

秋、広葉樹林やカラマツ林内に群生するとある。
しかし、わたしが見た限りでは、2〜3本ほどが、ぼつぼつと生えているような感じだった。
傘径3〜7cm、表面は赤橙色、放射状に多くのしわがある。
柄は中実、繊維状で強靱。