Pasta with Wild Herb

さて、今回はワイルドハーブを使ったペペロンチーノ!

イケメンシェフのレシピを再現したいと思います^^;w

取ってきた素材は、フキノトウ、ノゼリ、シャク(山人参、ワイルドチャービル)です。



Pasta with Wild Herb

まずはニンニクを潰してゆきます。



Pasta with Wild Herb

粗めに刻みます。



Pasta with Wild Herb

フライパンに入れて、、、、。



Pasta with Wild Herb

オリーブオイルをはります。

この時にニンニクに塩をしておきます。

ここがイケメン流です!w



Pasta with Wild Herb

コールドスタートからゆっくりとニンニクの香りを引き出してゆきます。



Pasta with Wild Herb

ニンニクの香りが立ってきたら鷹の爪を入れます。


Pasta with Wild Herb

今回フキノトウはハーブとして使いますので、一人前あたり一個です。

荒く切って炒めてしまいます。



Pasta with Wild Herb

こんな感じでしょうか?



Pasta with Wild Herb

ベーコンを入れてみましたが、結果としては入れないほうがよかったようです^^;



Pasta with Wild Herb

こんな感じになったら火を止めます。



Pasta with Wild Herb

火を止めた状態でオリーブ油と同量の水を入れます。



Pasta with Wild Herb

火を止めたまま水とオイルをよくかき混ぜて乳化させてしまいます。

イケメン流はパスタの煮汁は使わないので、ここでの乳化が重要になってきますよ!



Pasta with Wild Herb

ノゼリとシャク(ワイルドチャービル)はイタリアンパセリの代わりにあとで振りますので細かく刻んでおきます。



Pasta with Wild Herb

パスタは茹で時間通りに十分に茹でておきます。

この段階でも火は止めたままです。



Pasta with Wild Herb

火を止めたままの状態で、パスタとソースをよく絡めて吸わせていきます。



Pasta with Wild Herb

十分に絡めたら、初めて火をつけます!

さらに絡めながら、ジュージューという音が聞こえたら完成です。

即座に火は止めてしまいます。

ハーブの香りを最大限損なわないようにするのがイケメン流です!



Pasta with Wild Herb

ハーブは皿に盛ってから振ったほうが良いと思います^^;

今回はフライパンの上で降りましたが、、、、。



Pasta with Wild Herb

これで出来上がりです!



Pasta with Wild Herb

イケメン流のお味は??w

確かに、火を通しすぎていない分ハーブの香りが生きていますね!!

ここまでくると、ベーコンが邪魔!!

ベーコンが邪魔していると初めて感じました^^;w

ベーコンの味が強すぎましたね、、、、。

って言うか、ベーコンなしで食べてみないとイケメン流の良さはわからないな、、、、。

これはリベンジだな!w


イケメン流ペペロンチーノの作り方は下の動画を参照してください!!

パスタのプロが伝授!乳化がポイントな「ペペロンチーノ」の作り方:How to Make Pasta aglio, olio e peperoncino | Chef’s Holiday



 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ