Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

さて、9日に開催予定のKHCの例会が雨天中止になりました^^;

下見を兼ねて前撮りした写真が宙に浮いてしまいましたので、並べておきたいと思います。

順不同で掲載してゆきます。

今回は12御廟谷です。

下見なので、額谷ふれあい公園の駐車場に車を置いて、御廟谷と石切場を歩いて来ました。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

公園は小さめのグランドや植物公園のようなものが設置されています。

体育館も一般に開放されていて予約さえ入れておけば誰でも利用可能です。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

サンシュユの木ですかね?

下見の日は実に良いお天気でした^^;w



Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

御廟谷へ行くにはしばらく林道を歩き、遊歩道に入ります。

遊歩道入口の案内が出ていました。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

富樫家御廟谷入口と書かれた石の案内板。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

気持ちの良い山道ですね。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

坂を下ると赤い橋が見えて来ます。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

蛍がいそうな川ですね。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

よく整備された遊歩道です。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

倒木等も撤去されていました。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

竹林に入ってゆきます。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

よく整備された竹林です。

たけのこが採れるんでしょうね。

もちろん私有地内は立ち入り厳禁です!


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

竹林の中を進んでいきます。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

林の中に御廟谷が現れました。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road
Sony NEX-5N E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

富樫一族の先祖のお墓か?

富樫氏

 冨樫氏は藤原鎌足の玄孫魚名六世の孫鎮守府将軍藤原利仁に始まるといわれる。利仁が鎮守府将軍に任じられた時、次男の叙用を土無加之(冨樫)の郷に遣わし、その名をとって冨樫氏と称したという。もっともこれには裏付けとなるものはなく、そう信じられてきたというにとどまる。おそらく冨樫氏の先祖は、加賀における在庁官人として、冨樫庄(石川県金沢市)を本拠とする豪族であったものと思われる。歴史上には平安末期に登場してくるが、同じく利仁を祖とし隣接する拝師郷を名字の地とする林氏に一歩先んじられる存在であった。
 寿永二年(1183)に反平家連合を結ぶ加賀武士団の一員として冨樫太郎が登場するが、合戦の様子を叙述した『平家物語』の諸本によって、それぞれ太郎の実名が異なっている。このことは、のちに繁栄したのが冨樫次郎系であったため、太郎系が次郎系に取って代わられた結果であろうと考えられる。
 加賀武士の名門林氏は「承久の乱」によって没落し、代わって冨樫氏が勢力を伸ばし加賀の有力武士として成長していった。鎌倉時代の末に至って、確実な史料に登場してくるのが泰家である。泰家は在京人としてみえ近江国大原庄を領し、子の家春も父同様に大原庄領有を許されている。家春は冨樫新介と称し在京人として活動、徳治三年(1308)、熊野を中心とした海賊が蜂起したときその追討に発向し活躍した。家春の子が泰明で伊勢国において地頭職を与えられたことが知られる。
 泰家・家春・泰明の三代で注目されるのが、たとえば、白山神拝などの記事の中で「守護」と呼ばれていたことである。しかし、加賀守護は北条氏一門の時敦流であり、冨樫氏が守護であったとする史料はない。おそらく、冨樫氏は守護の意を受けて行動したものであり、そのことが冨樫氏の加賀における地位を守護並みに認識させたものといえよう。


平安末期??

随分と歴史があるのだな、、、、。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road

御廟谷の標識。


Kanazawa South Hills Historical Dream Road

御廟谷を後にして石切場へと向かいます。

気が向いた時に次回更新!!w


御廟谷



なんじゃ?

この動画は??

ルートから完全に外れてるし、、、、。

いくら倒木があっても、迷うような道じゃないよ!?

ネタか??w
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ