Pioneer PE-101A

この箱はPE-101Aのために買ってきたんですけど??

サイズが合いません^^;


Pioneer PE-101A

穴を広げるために、ガイドを取り付けます。


Pioneer PE-101A

自在錐で、穴を広げますが、この道具だけでは、板厚が厚すぎて、貫通できません^^;


Pioneer PE-101A

ある程度は、溝が付いているので、あとはジグソーでくり抜いてゆきますよ!


Pioneer PE-101A

こんな感じか?


Pioneer PE-101A

MDFの板を当てて、ボンドで固定します。


Pioneer PE-101A

圧力をかけて、乾燥を待ちます。


Pioneer PE-101A

再び、自在錐で穴を開けます。


Pioneer PE-101A

ジャストフィット!!

えがった^^;w


Pioneer PE-101A

どんな音になるのか??


Pioneer PE-101A

結線してあるのは、PE-101Aフルレンジ一発だけです。

あとは、とりあえず、穴をふさぐために取り付けました^^;

ツィーターはまだ良いとして、ウーハーはない方が良いので、後で板かなんかで塞ぎます。


Pioneer PE-101A

とりあえず、仮組みで音出し!

しばらくエイジングしないと、本来の音は出てこないかな??

ちょっと聞いた感じでは、低域は、ボワンという膨らんだ感じではなく、そっけない音かな?

物足りないとも思いませんし、出過ぎている感じでもない。

良いんじゃないでしょうかね?

もう少し、詰めてゆかねば^^;