さて、パーライトの効果が今一つだったので、ポップストーンに変更してみます。


ALTEC CF404-8A

これだけのパーライトが出てきました。


ALTEC CF404-8A

同じように、ポップストーンを仕込んでみます。

今回もエンクロージャーの容積の70%くらいを埋め尽くす量です!


ALTEC CF404-8A

まず聴感ですが、ポップストーンを入れた方が、クリアーな音に聞こえますね。

エンクロージャーが、砂利で埋め尽くされていますから、定在波というのか?内面反射は起こりません。

音の立ち上がりも、タチ下りも早くなった感じがします。

それでも、超早くは感じないか?w

心地よい速さではありますけど、タイムドメインと比較すると、アタック感は鋭くはないですね。

さて、それでは、測定篇!


ALTEC CF404-8A

まずは、軸上30cmでの測定。

この箱は、ダクトが後方にあるので、低域の特性は、それほどいい感じには出てきません。

100Hzから10kHzまでは、結構フラットな感じ、わずかにハイ上がりですかね?

150Hz以下はだら下りに減衰して、40Hzでスパッと切れる感じでしょうか?



ALTEC CF404-8A
黒:ポップストーン 赤:吸音材なし

吸音材なしと、比較してみましょう。

わずかに低域の音圧が上がった??

誤差の範囲内と言われてしまえば、そんな感じかも?w


ALTEC CF404-8A

ユニットの近接測定。

ダクトは鳴ってるようですね。


ALTEC CF404-8A
黒:ポップストーン 赤:吸音材なし

ポップストーンの方が、共振点は、わずかながら低域に移動してますね。


ALTEC CF404-8A
黒:ポップストーン 赤:コットン

コットンと同程度か?わずかに有利??

まあ、同程度でしょう^^;


ALTEC CF404-8A

ダクトの近接測定。

50Hzくらいで共振してますか?


ALTEC CF404-8A
黒:ポップストーン 赤:吸音材なし

吸音材なしとの比較。

ポップストーンの効果で、ダクトから漏れ出る高域が抑えられているのがわかりますが、ダクトの共振点は、それほど変化なしです。


ALTEC CF404-8A
黒:ポップストーン 赤:コットン

コットンとの比較。

低域の特性はほぼ互角、中高域の漏れ出しに関しては、ポップストーンの方が有利か?

雑味のない、クリアな音になるのが、データーからも見て取れます。


ALTEC CF404-8A

2chリスニングポジション。

バランスの良い特性に見えますが?w


ALTEC CF404-8A
黒:ポップストーン 赤:吸音材なし

吸音材なしとの比較。

全体的に見れば、それほど顕著な差はないか??


ALTEC CF404-8A
黒:ポップストーン 赤:コットン

コットンとの比較。

こちらも、誤差の範囲内か??w

F得では、それほど顕著な差は出ませんでしたが、7割の容積を占有する砂利をかっ詰めても、容積が減らない、わずかに増える!

これは、すごいことだと思います。

コットンやグラスウールは、柔らかくて軽いので、低音吸収効果があります。

それに対し、ポップストーンは、軽くて硬い素材です。

硬いのに低音吸収効果がある?

柔らかいものは、吸収するだけで終わってしまいますけど?

硬いとはじき返す効果があるように感じるんですよね?

パーライトも軽くて、柔らかい感じでした。

パーライトには、はじき返す効果は感じなかったかも?


極端な例で実験していますので、7割もかっ詰める必要はないというか、ポップストーンは少量でも、音質改善効果を感じますので、効果的に少量入れるだけで、聴感は変化すると思います。

どうやって配置するか??

それが問題ですかね??w