ALTEC CF404-8A

さて、それでは、もう一度パーライトの評価のやり直しです^^;


ALTEC CF404-8A

今回はパーライトのみを入れてみます。


perlite



ALTEC CF404-8A

こんな感じで、エンクロージャーの容積の7割くらいはパーライトで埋め尽くされていますよ^^;


さて?

どんな特性を示すのか??w


ALTEC CF404-8A
ユニット軸上30cm

空っぽの状態と比較してみます。


ALTEC CF404-8A
黒:パーライト 赤:空っぽ

むむっ、、、、^^;w


ALTEC CF404-8A
ユニットの近接測定


ALTEC CF404-8A
黒:パーライト 赤:空っぽ

少なくとも、共振点は動いていないですね、、、、。


ALTEC CF404-8A
ダクトの近接測定


ALTEC CF404-8A
黒:パーライト 赤:空っぽ

ほぼ平行移動です^^;


ALTEC CF404-8A
2chリスニングポジション


ALTEC CF404-8A
黒:パーライト 赤:空っぽ

こちらもほぼ平行か??

結果的には、パーライトには、低音を吸収する効果は無いと言っていいでしょうね^^;

コットンも、ややあるという程度だったですし、、、、。


聴感は、かなり変化します。

まあ、普通の砂利だったら、7割の体積を占有されたら、エンクロージャーの容積は、その分激減して、小さい箱に入れてしまったのと同じ特性を示すはずなので、7割かっ詰めても変化なしというのは、たいしたものだと思います^^;w

このような対抗面を持つ箱だと、反射音同士がぶつかり合って、残響音というか、後を引くようなタチ下りの悪い音になりますが、パーライトで埋め尽くした分、そういった残響音は綺麗に消えて、すっきりした音になります。

実際には、これほど詰める必要はなく、コットンに散らして、対抗面の片面のみに貼り付ける感じで、効果は発揮されるんじゃないでしょうか?

スーパーソルとかを入れると、スピード感のある、立ち上がりの鋭い音になると感じますが、パーライトの場合、改善されるのはタチ下りの方で、立ち上がる感じは、空っぽとさほど差は感じないかな??

まあ、低域増強の効果がないのであれば、ちょっとごめんなさいという感じがしてきました。^^;