aging to FE83En

さて、ずーっとこの小型の平面バッフルに固定した、FE83Enで音を流していました。

かなり、ストレッチが効いてきたように思いますね。

音の印象としては、この状態のままでも、なんだかタイムドメインみたいな音に聞こえます。

とにかく、リアリティの高い音!

手前の陶器製のバスレフに切り替えると、モコモコした、ボワンボワンの音の中に、ボーカルが、か細く歌っているように聞こえてきます。

もちろん、低域の、再生に関しては、バスレフが50Hzくらいまでかなりの音圧が出ているのに対して、平面バッフルは100Hzも怪しい感じですけど。

どちらがいい音かと問われると、FE83Enに手をあげたくなりますね!w



TIME DOMAIN

研究室で、タイムドメインの試作機を聴いてみる。

やっぱり違うな、、、。

FEの平面バッフルは、超リアルな紙のスピーカーの音ですが、こちらは、まるでホーンスピーカーを聞いているような、スピード感を感じさせてくれます。

低音楽器の音も、平面バッフルに比べると、しっかりと楽器の音がします。

これに比べると、バスレフは、ボワーンとかブンブンという感じで、うなっている感じ、、、、。

低域は出ているけど、低音楽器の音ではない。

低音という、偽物の音が出てる感じがしてきますねぇ、、、、。

なんだろうなぁ、、、。

Fドメイン的に、捉えようとしても、捉えられない世界なんでしょうねぇ、、、、。





SHISHAMO「みんなのうた」



SHISHAMO
2016年3月2日リリースアルバム「SHISHAMO 3」より
『みんなのうた』Music Videoを公開!!!