Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

天気予報通り、午後からは晴れてきましたよ!


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

まるで野ザルのよう??w

CL (チーフリーダー)曰くw


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

口三方岳から中三方岳

天候回復にテンションが上がります!w


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

大笠山が見えてきました。


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

野ザル軍団が行く!w


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

左奥 見越山、中央奥 大笠山、右奥 笈ヶ岳。

いいぞいいぞ!w


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

小さな雪玉が転がって、バームクーヘンに!w


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

野ザル、、、、^^;w


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

いや、楽しい楽しい^^;w


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

踏み跡がすごいことに、、、。


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

大笠山と笈ヶ岳


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

今年は、大笠山に挑みたいですね!


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

登山道から、横道にそれて見た図。


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

大門山、見越山、奥三方山。


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

口三方岳も快晴の下!


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

スイングパノラマ!w


Atack to Mt, "MATSUOYAMA"

ああ面白かった!

雪山に登ると、誰でも、童心に帰ります。

本当に、無邪気に、楽しくてしょうがない!

心が洗われるというのは、このことですね^^;

大人になると、なかなか友達とか?できませんよね??

しかし、山のメンバーは、同じ苦労や、喜びを共有できますから、本当に仲間という感じがします。

30代の女性から、70歳の健脚まで、年齢も性別も、山に登れば、関係ありません!

お互いに命綱を共有している、運命共同体です。


この日も、夕方から仕事でしたが、いや行って良かったな^^;w

不思議と、まったく疲れが出ません。

もらうエネルギーの方が、大きいと思います!

今年も、いっぱい登るぞ!!w


一気に更新したので、その3はデータ検証編です。