しんちゃんがうちに来たのは、1999年。

20世紀ワンコだったんだな、、、、。





今年の2月に他界したじいちゃんが、山で拾ってきた^^;

じいちゃんは、毎日しんちゃんを連れて、散歩してましたね。





シェパードの血が混じっているのか?

顎が大きく、目の後ろに黒い筋が通っていました。












ケガで、一度病院に行きましたが、病気はしたことのない、丈夫な子でした^^;









よく、ちゃあちゃんと一緒に日向ぼっこしてたな^^;





だんだんと歳をとってきて、、、、。





痩せていきましたね、、、。





今年で、16歳。

半年経っているから、人間の年齢に例えると80歳ちょいくらいか?

じいちゃんが83歳で他界しましたから、同じくらいの歳になったのかな、、、。




Time to say Good Bye

いつもの散歩道から、野の花をたくさん集めてきて、お供えしました。

綺麗だろ?

散歩しながら、匂いを嗅ぐのが好きだったよね、、、。





じいちゃんが、迎えに来てくれたんだね。

これでまた、一緒にたくさんお散歩できるね!

じいちゃんも、連れがいなくて寂しかったのかもしれないな^^;


死は、生きとし生けるものすべてに、等しく与えられる、最後の慈悲です。

苦しみも、悩みもない世界へ、旅立てるよう、お見送りしました。

天寿を全うするということは、こんなにも、清々しいことなのか??

今朝も、私が家を出るのに玄関を開けたら、そろそろと、日向ぼっこに出て行きました。

仕事から帰ったら、日向ぼっこしたまま、動かなくなっていました。

ばあちゃんが、昼過ぎに帰ってきた時には、まだ生きていたようです。

それから、ばあちゃんは、庭の草むしりをしていましたが、特に鳴いたり、苦しそうなそぶりは、見せなかったようです。

ばあちゃんは、まだ生きとるやろ??

と言いましたが、すでに呼吸はなかったですね、、、、、。

それでも、持ち上げてみても、冷たくはなかったです。

日向ぼっこしていて、気持ちよくなって、そのまま旅だったんでしょうか??


夜の仕事が、お休みだったのが、ありがたかったですね、、、、、。



MAY'S/恋をしてた 〜Say Goodbye〜 / MAY'SxMay J.



 

Comments

    • Roberto's comment
    • 2015年10月24日 16:33
    • このブログを見て、もう一度泣きました。
      ダンボールに静かに納まり綺麗に飾られた花がなんとも言えなくて。
      日向ぼっこしながら逝くなんて、なんて幸せな犬でしょう。
    • でくの's comment
    • 2015年10月24日 23:49
    • Robertoさん:

      我が家では、犬のしんちゃんはじいちゃん、茶トラ猫はばあちゃん、バイカラー猫は子供達、サビ猫は我々夫婦と担当が決まっているというか、寝るときは、それぞれの相棒の部屋で寝ます。

      犬は、寝るときも玄関でしたけど。

      じいちゃんが、他界してから、急にしんちゃんは衰えていきました。

      しんちゃんを拾ってきた時点では、じいちゃんはまだ60代だったんですね、、、。

      上の子が、まだお腹の中にいたときです。

      犬の生涯と、人間の時間って、、、、、。

      いろいろ考えさせられます。

      きっと、もう犬は飼わないだろうな。

      猫がいなくなったら、また飼うと思いますけど、、、、。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ