さて、3本目はフォステックスFE-127Eです。

こちらはどうでしょうか?





サイズは、ジャストフィットですけど^^;





少しだけ、音を出してみて、これもダメか、、、、。

と思いましたが、しばらく鳴らしていると、だんだん目が覚めてくる感じでしょうか?





なんかそれなりに、聴ける音というか?

このユニット独自の世界観みたいなものがあって、なかなか説得力のある音かも?w

その世界観が好きか?嫌いかと問われると??

そんなに好きじゃないかも?w

でも、これはこれでアリかもね。


測定して行きます。





全体の特性。

ポートが背面にあることを考慮しても、ちょっとバランスは悪いですね。





ユニットの近接測定。

共振はあまり強くないのか?





ダクトの近接測定。

やはり共振のピークは緩やかな感じかな?





インピーダンス特性。

アルテックやパイオニアと比べると、磁気回路はそれほど強力ではない感じでしょうか?

その分、聞きやすい感じがしないでもない??w




シミュレーション値。

5Lでシミュレーションしてみると、だいたいきてる感じですかね??





このユニットの最適値は、16Lくらいの箱だと出ました^^;

やはり、この箱では小さすぎますかね??

もともとメーカーさんが、設計している箱なので、確かに共振は設計通りに出てきますけど、あくまでも2Way構成で、低域はウーハー、高域はツィーターという前提なので、フルレンジでは厳しいものがあるようです^^;

さて?

どうすべ??w