さて、ALTECがどうにも調整できなかったので、PE-101Aを試してみることに^^;w






サイズはジャストフィット!





音は??

CF404-8Aよりも、かなり聴きやすくなってる!

レンジが上にも下にも広がって、低域もそこそこか??





思っていたよりも、いい音のユニットだな^^;w

センターコーンがメタルなので、違和感があるかと思ったけど、全然違和感なし!w





ただやっぱり、こじんまりした感じの音かも??

ピアノトリオとかだと、全く不足なく楽しめる!

ピアノの鍵盤をたたく感じが、すごくリアル!





ボーカルも綺麗だ!

これはいい線行ったのか??

しかし、、、、。





部屋に戻って、同じ音源をかけてみると、、、、。

音の違いに唖然とした^^;w

この陶器製の8cmの箱に、完全に負けてる、、、、。

こちらの方が、重低音の沈み込むような感触がはっきり出ているのに、PE-101Aは低域がどこかでスパッと切れて、なくなってしまう感じかな??

口径8cmだと、3.5L程度で、十分共振してくれるけど、12cmクラスになると、5Lじゃ、カツカツで、十分な容量とは言えない。

最低でも10Lくらいは欲しいところか??

まあ、ユニットの違いを聞き比べて、データを取ってみる実験になりつつあるな^^;


PE-101A 仕様

インピーダンス:8Ω

F0:80Hz

再生周波数帯域:F0〜20kHz

最大入力:30w

等価質量:4g

Q0:0.5

有効振動半径:45.5mm

質量:1kg