さて、CF404-8Aのチューニングをして行きます。

まずは、特性を取ってみます。





ダクトはこんな感じ、もっと短いかと思いましたが、案外長かった^^;w





全体のF特。

バスレフのポートが背面にあるため、実際よりも低域が出ていないように見えますが、聴感でもあんまり出ていませんね^^;





ユニットの近接測定。

ポートが共振していないんじゃないかと思いましたが、65Hzあたりで、共振しているのがわかります、、、。





バスレフポートの近接測定。

こちらから見ても、やはりちゃんと共振してますね^^;





インピーダンス特性。

これも、シミュレーション通りに、、、、。

むしろ、もう少し短い方が低域は出なくなるけど、バランスは良くなるか??

ただし、このポートは、前後共テーパーがかかっているので、短くすることはできません^^;

内側にパイプを仕込んで、細くすることは可能でしょうけど、、、、。

吸音材等で、追い込んでいったら、それなりに聴ける音になりましたが、、、、。

まあ、このユニットを鳴らすには、最低でも10Lくらいは必要か、、、、。

別の箱を探した方が、良さげですね^^;


ここはいったん撤退です!w