ALTEC CF 404-8A

明らかに、チューニングがおかしい^^;w

エンクロージャーの実寸を計って、シミュレーションしてみます。

実測値からユニットやポートの体積を差し引くと、この箱の容量は約5Lと出ました。

CF404−8Aを駆動できうる最小限のサイズですね^^;

んでバスレフポートは、実測値3.5cm×6cmくらいでしょうか?

実際に、シミュレーションしてみました。




60Hzでチューニングするとこんな感じです。





65Hzでこんな感じ。


ALTEC CF404-8A

70Hzでこんな感じ。





75Hzでこんな感じ。

さて??

最適値は??

モニタースピーカー的にチューニングするなら65Hzくらいかな??

この箱は、バスレフポートをねじ止めしてあり、取り外し可能なので、変更はしやすいかも??





現状この箱のバスレフポートの長さは直径3.5cmで長さ6cmくらいですけど?

最適値は、同じ径だと10cmくらいと出ました。


65Hzでチューニングする場合、内径30mmのひとまわり小さなパイプを、長さ7cmで差し込めば、チューニング的には大体くる感じですかね?

それほど手間はかからないと思います^^;

現状では、ダクトの共振周波数が高すぎて、ダクトが空振りしてる感じの音ですかね?

全然ダメな音ですね^^;

ただ、このダメダメな状態が、非常に重要だと思います。

ダメな音はなぜダメなのか?

ダメな音はどんな特性を示すのか??

このデータは取っておく必要があるでしょう!

明日は全日OFFなので、現在のダメップリをデータで捉えたいと思っています^^;w


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ