NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

さてさて、大トリをつとめますのは、ビオゴン28でございます^^

ボケが柔らかいのに、インフォーカス部は切れます!

今回は、直感的に、コスモス畑で一番使えるのはこの玉じゃないか?

そう閃きました^^;w




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

柔らかいですね^^




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

絞り開放での、キレとボケ!

これぞ、唯一無二のビオゴンの世界です!!w




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

手持ちのレンズの中では、一番好きな玉かもしれません^^;w




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

ビオゴンというと、重々しくて暗い雰囲気というイメージがありそうですけど?

ビオゴンを開放で使うと、ふわっと絵が軽くなります。

絞れば、重々しい描写に、、、、。




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

ちょっと、広角レンズという雰囲気ではないし、かといって長い玉とも全く異なる描写。




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

少し間合いを取っても、緻密な描写で、細部まで丁寧に描いてくれます。




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

絵としては、どれも詰めが甘い感じですが、それでも、レンズの優秀さだけは伝わるんじゃないかと^^;w

うーーん、、、、。

まだまだ、修行が足らん^^;

来年も、また挑みますぞ!!w


さて、改めて、5本のレンズの撮り比べを、全コマ眺めてみましたが、、、、。

確かに、ビオゴンはレンズの出来は最高ですけど?

絵としては、詰めが甘くて、絵になってませんな^^;w

改めて、見返してみると、どうも、一番優秀なのはDSC-R1という結論になりそうです^^;w

やはり、広角24mmから望遠120mmまでシームレスに、手動ズームで使えるというアドバンテージが大きかったか、、、、。

ビオゴン28は元々は広角レンズですけど、換算すると42mmという、ほぼ標準レンズの画角になってしまいます。

結局10年前のコンデジに撃沈という結果か??w


なぜ?光学性能的には有利な単焦点レンズが、ズームのDSC-R1に及ばないのか??

DSC-R1の場合オートフォーカスなので、トリミングするようにズームで微調整して、シャッターを押すだけ!

オートフォーカスですからね^^;

MF単焦点の場合は、ピント合わせが最優先になってしまいます。

画角の調整は、自分が前後して動かないとダメです、しかしながら動いてしまうとピントがずれてしまう、、、。

せっかくピントを合わせたんだから、動きたくない!

ピントが合ってる範囲で、フレームを決めてしまおうとする、、、、。

これでは、絵にならないですよね??


フォーカスは、だいたいでいいので、絵になるフレームを決めて、それからピント位置を決めて、そこにピントを合わせてシャッターを押す!

こういう流れで撮らないと絵になってくれない感じなのかな??

ああ、未熟モンだわ^^;w


最初で最後の、超弩級コンデジ!DSC-R1!!

10年前のデジカメに、教えてもらうことは、まだまだあるのかもしれませんね。

これだけの、プロ御用達カメラにさっさと見切りをつけてしまったSONYって??


と、ケチばかりつけていながら、それでもSONYのデジカメを使ってる、自分って????(爆w


CONTAXがデジタルで、頑張ってくれていたら、ボロクソ言いながらも、CONTAXにこだわり続けていたと思います^^;

出来の悪い子ほど、可愛いモンなのよ!w