Flowers of summer
NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

キュウリの花

さて、先日の白山3rdアタックでは、ビオゴンとエスプラナーの二本体制で臨みましたが、できればビオゴン1本だけでこなしたいと思いましたね^^;

ズームはRX-100 M2の担当なので、単焦点はパンフォーカスで速写性をを生かしたいですし、あとはズームで苦手なボケ味を生かした写真とか、、、。

山で最高のパフォーマンスを発揮するためには、平地での修練が欠かせません^^;w

ということで、ビオゴン28一本勝負!




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

ロドベキアという花らしいです^^;

しらんかったw




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

今回は、すべて絞り開放です!

ビオゴンの場合、開放の描写が最高だと思います。

開放でも、インフォーカス部は凄まじい切れ味を発揮するはずです^^;




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

ヒメヒオウギスイセン

こちらは、クローズアップフィルター併用。

クローズアップフィルター併用時は、絞り値も加減が必要かな??

まあ、値を変えて、2〜3枚押さえておけば済む話ですね。




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

ミソハギ 盆花と呼んでいますけど^^;




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

ノコンギク




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

ヒオウギ(だと思う^^;w)




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

ムクゲ




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

バジル

山の植物では、こんな感じの条件が多いと思います。




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

コマツナギ

なるほど、クローズアップフィルターを併用すれば、ビオゴン28一本で、行けそうですね^^;

画角的には、歩きながら、同行者や、遠景を撮影するにも、程よい長さだと思いました。

画角という意味ではRX-100 M2のズームが広角から望遠までほぼフルカバーしてくれるので、単焦点は、一番取り回しの楽な長さと、遠景から近接まで安定した描写が重要だと思います。

ビオゴン28の画角は、NEXだと42mmと、ちょっと広めの標準レンズという感じかな??

RX-100 M2の場合、小型軽量で万能なんですが、電源を入れるたびに、レンズガードが開いて、レンズが伸びたり縮んだりするので、撮影までに結構時間がかかります。

その点NEXにMFレンズだと、電源を入れて即撮影!

リトラクタブルも、フォーカスラグもないので、速写性は極めて高いです。

山登りだと、少しでも、重量と時間のロスは避けたいので、レンズ交換とかはしたくないですし、RX-100 M2とNEXにビオゴン28なら、交換レンズを持ち歩くよりも軽量だと思いますね。

カメラには、ストラップをつけて、常時首から二本ぶら下げてます^^;w

カメラ同士がぶつかったりするので、なんか有効な策はないかと?画策してますけどね^^;w

先回は、メインカメラは首からぶら下げて、サブカメラはたすき掛けという感じで使い分けてみました。


さて??

次のチャンスは??

あるのか??w

 

Comments

    • しき's comment
    • 2015年08月12日 18:09
    • いつも拝見させていただいています。私も花の写真をメインに撮り続けていますが、でくのさんは上手いですね。なかなかここまで洗練しては撮れません。
    • でくの's comment
    • 2015年08月12日 21:17
    • しきさん:

      ありがとうございます^^;

      まだまだ未熟者ですが、これからも頑張りたいと思います。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ