Dining room "HACHINOKI"

山側環状線、森本側の終点付近にある、鉢の木食堂。

入ってみました^^;w





昭和な雰囲気ですね。





店内は、まるでタイムスリップしたかのような、ど昭和な光景が広がっていました。





お品書きはこんな感じですよ。





やってまいりました!

これが鉢の木食堂のラーメンだ!!w









うーーん??

なんだこりゃ??w

麺はちょっと太い冷麦みたいで、小麦粉の香りはしない、、、、。

スープも、なんだか水っぽいというか、薄い感じで、ベースになる出汁が弱いのかな??

チャーシューに至っては、硬くてパサパサしている感じ、、、、。

今時珍しいな^^;w


ただ、なんだろう??

この、無性に懐かしいオーラは??

素材はイマイチなのに?

ラーメン全体から、ぷーんと懐かしい匂いが漂ってきて、しみじみと包み込まれるような、、、、。


これは??

昔ながらのラーメンというのはよくあるが、このラーメンは、良くも悪くも昔のラーメンそのものじゃないか!?


1960年代、日本は貧しかった、、、、。

貧素なものしか、たべれなかった、、、。

庶民は、マイカーなんて持っていなかったし、当時の大学卒の初任給は1万6千円くらいか??


私の記憶では、アイスが10円、パンが20円くらいで買えた。


みんな貧しかったけど、夢も希望もあったよね、、、、。

とにかく頑張れば、未来は明るいと誰もが信じていた時代!

実際に、高度経済成長で、右肩上がり。


あの時代に、このラーメンを食べたら、ご馳走だったに違いない^^;


このラーメンは、あの頃の夢や希望の味がするんだ!

昭和レトロなんぞという、作り物じゃなく、本物の昭和がここに現存していた!


そうだ!

このラーメンは、生きた化石だ!!w

またいつか食べたくなるに違いない^^;w



 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ