NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8(G)

4本目はGゾナーの登場です。

日はだいぶ陰ってきました。

曇天参考で^^;




NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8(G)

135mmと比べると、やはり被写界深度は深めに出てきますね。

これは長さの問題なので、どうしょうもない話です^^;w

こういう対象だと、やはり135mmの方が使いやすい長さかもしれませんね。




NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8(G)

スーパータクマー135mmほどでは無いにしても、やわらかい絵ですね。

ボケ味はタクマーの105mmよりもずーっと上手ですな^^;w




NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8(G)

レンズの教科書と謳われた、ゾナーらしい、ニュートラルな表現です!

透明感が高く、ちょっとクールな感じか??




NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8(G)

ロングショットも、まずまず。




NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8(G)

ボケのグラデーションも、なだらかです。




NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8(G)

ぼけた部分の描写も、立体感を保ちながら、うるさく無い感じでいいんじゃないでしょうか??




NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8(G)

優等生で素直なんだけど??

もう少し個性があってもいいのかな??w




NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8(G)

こういう絞った絵も、様になりますね!

このレンズは、絞りを積極的に動かした方が、良い結果が出せるかも??




NEX-5N CONTAX Sonnar 90mm F2.8(G)

切れ過ぎず、ボケ過ぎず、、、、、。

過ぎたるは及ばざるが如し!

ニュートラルな描写、それがゾナーなのかな??w





口径は小さく、軽いのでNEXとの相性は抜群ですね!

私が4年前にキタムラで見つけた時は9800円でした^^;

この玉もNEX登場と同時に高騰しましたが、現在では相場は下降気味でしょうか?


口径を欲張らない玉は、絞り開放から十分に使えるものが多いです。

ピント精度も非常に高く、ピントの山がピーキングMFでも掴みやすい。

ただし、拡大アシストは積極的に使わないと、肝心なところで外してしまいますよ!w

APSCだと、換算135mmと、小型望遠レンズの定番の画角になりますしね。

CONTAX G1 G2の時代は、めったにピントが合わ無いとか言われたソナーでしたが^^;w

デジタルで、ライブビュー+MFリングでCONTAX Gレンズ群は蘇ったというより、以前よりも確実に使いやすくなりました^^;

なんか、皮肉な話ですね、、、、、。