↑ 元ネタはこれ!

まぢか??w

これは試してみるしかないでしょ??w





全く同じ器を2個用意。





左側は、普通にインスタントコーヒーを作ります。





右側は裏技で^^;





水で溶いてから、お湯を注ぎます。





どうだ??w

交互に飲み比べてみます、、、、。

うーーーーん、、、、。

確かに違う気がするが、、、、。

どちらがうまいか?

甲乙つけがたい感じ^^;w

強いて言えば、水で溶いた方が角がない、丸い感じの味か??

よくわからないな、、、、。





作戦変更^^;

普通に粉を入れて、、、、。





粉と同量の水でよく溶いて、、、。





こんな感じか?




それからお湯を注ぎます。

今回は、飲み比べではなく、こちらだけをゆっくりと味わってみます。

うんうん!

確かに美味しくなった気がする〜!w

その場に、同席していた5人に、いつものコーヒーを、水で溶いてから、お湯を注いで試してもらった。

全員の反応は??


確かに違う!



確かに言えることは、粉っぽいザラザラした舌触りが消えて、なめらか、まろやかになる!

それが、10倍うまいかと言われれば?

そこまでの差は感じられないかな??w

香りが全然違うという点は、この粉では歴然とした差は感じられなかった^^;

おそらく、コーヒーの種類によっては、もっと顕著に差が出るのではないか??

最初のやり方だと、洗い物が増えてしまうので、いつも通りカップに粉を入れて、粉と同量の水で溶いてから、普通にお湯を注げば、それほど手間は変わらないだろう^^;

やり方は、下の動画がわかりやすいでしょう。

お試しあれ!w


インスタントコーヒーの美味しい作り方







これはスゴイ! インスタントコーヒーが10倍美味しくなる淹れ方 | Pouch[ポーチ]

これはスゴイ! インスタントコーヒーが10倍美味しくなる淹れ方 | Pouch[ポーチ]