NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

さて、今日はビオゴン28mmにクローズアップフィルターを装着しての、マクロ撮影に挑みます!

もともとレンジファインダー用のレンズなので、近接はあまり効きません。

レンジファインダーの場合、レンズとファインダーとが、わずかに離れていて、同じ光軸ではない為に、近付きすぎると、視差、パララックスが発生して、正確にフレーミング出来なくなってしまいます。

ですので、せいぜいが、最短撮影距離40cm前後と言った所でしょうか??

これが、ミラーレスの液晶モニターに像を写してやれば、実際にレンズが捉えている画像を正確にライブビューする事が可能になり、レンジファインダーの時代では思いもよらなかった、近接撮影が可能になると言うわけです^^;

前置きが、長くなりましたが^^;w




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

今日、最後の窯がようやく終わりましたので、記念に撮影しておきましょうかね?w




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

ビオゴンの場合は、絞り開放から切れ味が鋭いので、マクロ的な使い方と言っても、開放のぼけ味を活かした、奥行きのある雰囲気が出ると思います。




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

野外ではどうか??




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8




NEX-5N CONTAX Biogon 28mm F2.8

ディスタゴンと比較すると、より広角マクロ的な雰囲気になっていると思います。

もう少し、場数を踏まないと、このレンズを活かした絵にはなってくれないのか、、、、、??w


↓ 接写リング+ディスタゴンの描写は、こちらを参考にしてください^^;


でくのぼうぷれす : 接写リング Distagon28mmでも試してみた^^;

でくのぼうぷれす : 接写リング Distagon28mmでも試してみた^^;




 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ