photo

さて、昨日の記事のレシピ通りに、転写用絵の具を調合してみました。





先ずは、砂糖水作りですかね?w





こんな感じか?





スクリーンも製版からやり直し!





絵の具と透明釉を7:3の割合で混ぜて、、、、。





これに、同量の砂糖水と少しのCMCを加えて良く練ります。





歯磨き粉の堅さとありましたが、やわらかすぎますね。





案の定、絵が滲んだか、、、、。





5種類ほど試してみましたが、、、、。





こちらは、ベンガラ(酸化鉄)の粉状のものをレシピ通りに刷ったもの。

どうやら、ペースト状の絵の具では柔らかくなりすぎる様ですが、粉状の絵の具であれば、うまく行く様ですね。





今回は、ちょっと違ったアプローチで臨みます。





うまく焼けてくれるか??





窯が小さいと、試作には便利でしょうかね?w

なんとか、うまく行ってくれ^^;



▼AMAZONでTシャツくんを検索!