さて、色見本までは出来上がったので、次は量産に向けての、安定した絵の具の調合を行う必要があります。


なかなか調べてみても、情報は得にくい感じなんですが、下記のサイトが参考になると思われます。



陶芸情報、陶芸原料の情報

陶芸情報、陶芸原料の情報




下絵転写用の絵の具

使用する材料
    高温釉薬用絵の具   黄砂糖粒(ざらめ) お湯 
    
    下絵転写印刷用メヂウム 下絵転写 印刷用紙 



(A)絵の具を印刷用に調整する。

   (1)バケツに水を入れる。

   (2)絵の具をバケツに入れ掻きまわす・

   (3)絵の具が沈殿したら水を切る。

      沈殿に時間が掛かる場合は塩化マグネシウム(にがり)を少量(0.2%)添加すると早く沈殿します。

   (4)これを5回くりかえす。 

   (5)絵の具70グラムに釉薬(その素地に使用する釉薬が望ましい)30グラムを混ぜ
      良くかき混ぜる。ミキサーを使うと良く混ざる。



 (B) 印刷用インクを作る。

   (1)黄砂糖粒50グラムに湯50グラムを入れ砂糖湯を作る。

   (2)高温釉薬用絵の具に砂糖湯に入れて良く攪拌する。

   (3)下絵印刷用メヂウム7グラムに湯を入れて良く攪拌すると糊状となる。

      文具用のり、片栗と同じ位の硬さが適当です。

   (4)(2)と(3)を混合して良く練る。硬さは練り歯磨き粉程度。


(C)版を作る。

   大量生産には銅か亜鉛の薄板を使用します。
   版画用板、ゴムの板、プラスチック板でも代用できます。

   版画の要領で彫刻刀で線やロゴ模様を彫ります。


(D)印刷する

   版画印刷と同じ要領です。但し下絵印刷は版画とは逆に彫った部分に絵の具を入れます。

   版に(B)で作ったインクを入れます。

   印刷紙を版の上にかぶせて、手や布で軽くこすり空気を追い出します。

   インクが紙に付着します。
   
   印刷紙を版から外しヘヤードライヤ-でインクを乾燥させます。

   下絵転写紙の完成です。



(E)印刷した転写紙を使用する。

  (1)素地を800度で素焼きする。よく乾燥した生素地(素焼き無し)でも良い。

     素焼きした方が印刷が鮮明にでます。

  (2)素地に転写紙を乗せる。

  (3)筆に水を含ませ転写紙を湿らせる。

  (4)気泡を追い出すため布でおさえる。

  (5)転写紙をはがす。絵の具が素地の表面に付着する。

  (6)透明釉薬をかけ、本焼成する。





今回、私の場合、市販のチューブ入絵の具を使用していますので、釉薬の量はもう少し控えめでも良いかと思います。

メデュームはCMCで代用出来ているはずなんですけどね^^;

残りは??

砂糖水か??

確かに、これは入っていませんね。


次回は砂糖水を加えて、感触を見てみるか??




▼AMAZONでTシャツくんを検索!