photo
さて、「陶器用下絵転写紙を自前で作る」見たいなキーワードで、ググってみると、「素人には無理!」とか?w「原理的にはこんな感じですが、あなたに出来ますか?」「敷居が高そうです」見たいな??w

Webの情報はあまりあてにならない、、、、。

分かった感じでコメントしている人も、実際にやった事は無いけど、理論的には見たいな??

検索した感じでは、自前で製作している事例は発見出来ませんね^^;

下絵用転写紙は、実際には銅板に薬剤を染み込ませて、線を刻み、そこに下絵用絵の具を埋め込んで、和紙に写し取ると言うのが本来のやり方ですが、、、、。

こんなの、シルクスクリーンで出来ちゃうんじゃないのか??

そんな、直感で動き出したんですけどねぇ、、、、。



photo

とりあえず、スクリーンは出来ました。

これで、下絵転写紙が作れるんじゃないのか??w


photo

まあ、少しはお勉強もしましたよ^^;w

市販のチューブ入下絵用絵の具に、透明釉をCMCで溶いたものを混ぜ合わせます。

CMCはかなり硬めにしてあります。

この写真の比率では、透明釉が多過ぎる感じですかね?

後に、この写真の1/2まで量を減らしています。


photo

乳棒でよく練り合わせます。

photo

判に絵の具を乗せて、、、。


photo

スキージーで和紙に印刷して行きます。


photo

今回は色見本製作なので、変則的な感じです。

photo


photo

合計7色くらい刷りましたか??

十分に乾燥させて、、、、。


photo

和紙を切り抜きます。


photo

素焼きの茶碗に当てがって、、、、。


photo

湿ったスポンジで、まんべんなく3回くらい叩きます。


photo


photo

シルクで印刷したものが、素焼きに写し取る事が出来ました。

photo

こんな感じか?


photo

まあ、なんとか予定通りと言う感じかな??w


photo>

色見本に7色くらい転写してみました。

スクリーンの抜けの悪い所は、今回は手書きで修正しています。

抜けない原因はほぼ特定出来ているので、本番は製版からやり直します^^;w


photo

釉掛けして窯に詰めた所。

果たして?

うまく焼き上がるのか??

まあ、ここまでの行程で言えば、Tシャツくんでも、陶器用下絵転写はうまく使えば実用になると言う感じですかね??

photo

まあ、これだけの素焼きに絵付け作業となると、転写はかなり有効な手段だと思われます。

これでも、まだ実際には半分くらいかな><;


photo

遊びじゃないのよ、Tシャツくんは^^;

ハッハー><;w



▼AMAZONでTシャツくんを検索!



 

Comments

    • 伊藤's comment
    • 2016年06月22日 12:02
    • 陶芸の転写を知りたくてやっと貴方様のページに辿り着きました。感心しながら拝見してます。

      印刷する和紙の種類をできれば詳しく教えて戴けませんか?商品を売ってる業社などが解れば助かります。

      亡くなった友人の文字を陶器に印刷できないものかと探していました。よろしくお願いいたします。  札幌 伊藤
    • でくの's comment
    • 2016年06月22日 14:08
    • http://store.shopping.yahoo.co.jp/picoland/?page=1

      和紙は、「うすや」と呼ばれる、梱包用に主に使われる一番薄い和紙です。
      上のリンクから、転写紙を購入できます。
      実際に、数百円程度の市販品を購入して、転写のコツとか経験した方が良いと思います。
      和紙にしても、市販の転写紙の紙を持ち込んで、これと同じものをくださいといった方が、わかりやすいと思います。
    • 伊藤's comment
    • 2016年06月23日 07:59
    • 早速のお返事かつご親切にご教示いただきまして誠に有難うございます。

      和紙は市販の転写紙の素材と基本的には同じものと考えて良いのですね。

      >試て・・・・なるほど先ず実際に見て触って実験する事が1番ですね、試行錯誤しながら挑戦したいと思います。

      もう一点だけお伺いします、文字印刷ですが手持ちの下絵用の墨呉須をインクにして印刷をと考えてます、濃度はこれから研究したいと思いますが呉須とか弁柄など単身で転写可能でしょうか、他に添加するものなどは有りますか(CMCや透明釉など)。

      何度も申し訳ございませんが宜しくお願いいたします。

    • でくの's comment
    • 2016年06月23日 22:37
    • http://decnonet.livedoor.biz/archives/cat_50052966.html

      ↑に転写紙関係の記事をまとめておきました。

      呉須や弁柄を使うより、市販のチューブ入りの下絵用の絵の具の方がうまくいくと思います。

      絵の具の材料は、下絵用絵の具、50:50で溶かしたザラメ砂糖水、メディウム、透明釉を濃く溶いたものですかね?

      http://www.art-japan-ceramics.com/materials/genryo/p15/index.html


    • 伊藤's comment
    • 2016年06月24日 06:34
    • 5 ご苦労の様子が拝見出来て勉強になりました。転写のページを何度も読みながら、色々試行錯誤して挑戦したいと思います。

      この度は本当に有難うございました完成が何時に成るか解りませんが満足な作品になったらご報告したいと思います。

      私の陶芸は趣味ですが向上心を持ってやって行きたいと思います、有難うございました。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索




Archives




カテゴリ別アーカイブ




最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: