photo
さて、「陶器用下絵転写紙を自前で作る」見たいなキーワードで、ググってみると、「素人には無理!」とか?w「原理的にはこんな感じですが、あなたに出来ますか?」「敷居が高そうです」見たいな??w

Webの情報はあまりあてにならない、、、、。

分かった感じでコメントしている人も、実際にやった事は無いけど、理論的には見たいな??

検索した感じでは、自前で製作している事例は発見出来ませんね^^;

下絵用転写紙は、実際には銅板に薬剤を染み込ませて、線を刻み、そこに下絵用絵の具を埋め込んで、和紙に写し取ると言うのが本来のやり方ですが、、、、。

こんなの、シルクスクリーンで出来ちゃうんじゃないのか??

そんな、直感で動き出したんですけどねぇ、、、、。



photo

とりあえず、スクリーンは出来ました。

これで、下絵転写紙が作れるんじゃないのか??w


photo

まあ、少しはお勉強もしましたよ^^;w

市販のチューブ入下絵用絵の具に、透明釉をCMCで溶いたものを混ぜ合わせます。

CMCはかなり硬めにしてあります。

この写真の比率では、透明釉が多過ぎる感じですかね?

後に、この写真の1/2まで量を減らしています。


photo

乳棒でよく練り合わせます。

photo

判に絵の具を乗せて、、、。


photo

スキージーで和紙に印刷して行きます。


photo

今回は色見本製作なので、変則的な感じです。

photo


photo

合計7色くらい刷りましたか??

十分に乾燥させて、、、、。


photo

和紙を切り抜きます。


photo

素焼きの茶碗に当てがって、、、、。


photo

湿ったスポンジで、まんべんなく3回くらい叩きます。


photo


photo

シルクで印刷したものが、素焼きに写し取る事が出来ました。

photo

こんな感じか?


photo

まあ、なんとか予定通りと言う感じかな??w


photo>

色見本に7色くらい転写してみました。

スクリーンの抜けの悪い所は、今回は手書きで修正しています。

抜けない原因はほぼ特定出来ているので、本番は製版からやり直します^^;w


photo

釉掛けして窯に詰めた所。

果たして?

うまく焼き上がるのか??

まあ、ここまでの行程で言えば、Tシャツくんでも、陶器用下絵転写はうまく使えば実用になると言う感じですかね??

photo

まあ、これだけの素焼きに絵付け作業となると、転写はかなり有効な手段だと思われます。

これでも、まだ実際には半分くらいかな><;


photo

遊びじゃないのよ、Tシャツくんは^^;

ハッハー><;w



▼AMAZONでTシャツくんを検索!