さて、今回はiPhone4でオシロスコープモードで検証して行きます。





ちなみに、撮影はNEX-3 CONTAX Biogon 21mm F2.8でやってます。

コンデジ代わりに使おうと思うと、このレンズが一番使いやすい感じですね。

ただ、最短撮影距離が45cm前後だと思うので、近接撮影にはクローズアップフィルターが必須となりますね。

寄れないビオゴンで接写可能なので、重宝します。





90Hz

普通に再生できていますかね?





80Hz





70Hz




60Hz




50Hz




45Hz




40Hz

波形が乱れ出してきたか?




35Hz

ちょっと怪しくなってきました、、、、。




30Hz

限界を超えたか?w




20Hz

音になっていません^^;

40Hzまでは、基音として再生はできているようです。

ちなみに、基音を再生できないと、↓こんな波形になります。




5cmユニットで80Hzの信号の例



一日聴き込みましたが、ちょっと高域よりの音と言う感じがします。

ユニット上向きだと、現在のポジションだと高過ぎる感じか?

もう少し、低くできれば、もう少し聴きやすくなるのか??


ただし、今回はスピーカー内部の詰め物の検証なので、条件は変更せず、まずは詰め物による音の違いを、比較して行く予定です。

詰め物次第で、もう少し聞きやすい音になるのか??

まあ、時間をかけて検証して行きましょう。


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ