さて、それでは、実験を続けて行きましょう。

とりあえず、実験用にTGメタルをユニット後部に仮止めしました。

このまま、上向きにユニットを収納すれば、即席タイムドメインの出来上がり^^;w

まずはポップストーンから、、、、。





今回は上向きなので、少々少なめに入れてみました。

上向きだと、ダクトが塞がってしまいます。




非硬化パテでシーリングしてかぶせます。





即席タイムドメイン!w





特性も、大事だと思いますけど、聴感が一番重要なので、各素材を仕込んだ状態で、数日聴き込んで評価して行きたいと思います。





測定はWindowsXPマシンで行いますが、編集はMacなので、TeamViewerをインストールして、MacからXPをコントロールして行きます。





以前はバーチャルPCを使っていましたが、TeamViewerの方が、OSのバージョンとかの壁は無くなるので、超快適です^^;

XPの画面を表示しながら、Macで画面をキャプチャーすればOK!





Foster FF70EGですけど、こちらは、交換した直後は、新鮮でリアルな音に聞こえましたが、2〜3日聴いているうちに、飽きてきたと言うか、、、、。

普段聴いているのと、違う音になると、新鮮に聞こえますが、そのうち脳内補正がかかって、だんだん眠い音に聞こえて来るようですね、、、、。

音の評価と言う物は、難しいと思いますし、それなりに長時間聴き込まないと、善し悪しは判断できないものなのか??

とまあ、能書きはこのくらいで、撤去する前に測定用マイクで、実測してみました。

サインスイープでリスンニングポジションです。





120Hz付近のピークは、外部からのノイズです。

無いことにして、見てくださいーーl



さて、ここからが、今回の即席タイムドメインの測定値です。





タイムドメイン仕様で、横から測定しています。

120Hzと240Hz付近のピークは外部ノイズです。





ユニットの近接測定

50Hzに共振点がきているのが分かります。

ノイズの原因が判明しましたので、データー差し替えました^^;





ユニットの軸上30cmくらいのところ。

今回は上向きにセッティングしていますが、本来なら、こちらがリスニングポジションの特性になります。

かなりハイ上がりなユニットでしょうかね、、、、。

ノイズの原因が判明しましたので、データー差し替えました^^;







ダクトの近接測定

今回はポップストーンを控えめに入れたせいか?1.5KHz付近のピークが、ダクトの共振を上回ってしまっています。

今回の目的は、ダクトから漏れ出す、中高域を極力控えめにして、低域の量感は目一杯確保したいと言う物なので、ちょっと、これは頂けない感じか、、、、。

ノイズの原因が判明しましたので、データー差し替えました^^;






こちらは、セッティングして、2Chリスニングポジションでの測定。

タイムドメインの方が、特性が安定する感じか?w


ノイズの原因が判明しましたので、データー差し替えました^^;





インピーダンス特性は、無事に取れました。

こちらは、理論道理の特性になっていますかね?





重ねてみました。

ユニット軸上30cm
ユニットの近接測定
ダクトの近接測定
インピーダンス特性


最後は、iPhone4によるリスニングポジションでの測定





ノイズの原因は、やはりファンタム電源だったようです。

アダプタが12Vなので、設定を12Vにしたら、ノイズが発生!

んで48Vにしたら、消えました、、、。

なんでだろうな??


さて、半日ほど聴いた感想ですが、、、、。

日中は下水道工事、夜は大荒れで土砂降りなので、良くわかりませんが^^;w

今まで聴いていたのとは、やはり違う音ですね。

タイムドメイン効果なのか?

随分すっきりした、シャープな音に感じます。

とは言え、空間の広がりみたいな物はそれほど感じないかな?

定位感は、くっきりとしています。

もう少し、聴き込んでみましょう、、、。







 

Comments

    • Roberto's comment
    • 2012年11月13日 15:26
    • 中高音を吸収するには、やはりグラスウール等の吸音材が良いでしょうね。

      パンパンに詰めた密閉型も試してみては。
    • でくの's comment
    • 2012年11月13日 16:18
    • Robertoさん:

      今回のタイムドメイン即席箱の良いところは、ユニットを簡単に外せて、内部の素材も交換が楽な所でしょう。

      いわゆる、吸音材はたしかフェルト系の物があったと思います。

      休みの度に、中の詰め物を交換しながら、聞き比べて行きたいと思います。

      その前に、マイクのノイズの原因を解決しなければ^^;

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ