さて、それでは、実験開始と参りましょうか?
今回は、キャビネット内部の詰め物について、検証して行きたいと思います。





とりあえず、ユニットに錘を固定することに、、、。





リング状に切り出したパーツを、3方からネジ絞めします。





これにTGメタルをぶら下げて、固定して実験。





箱は上向きにセッティング





これだと、TGメタルがダクトに干渉して、マウントできない^^;w





仕様変更





こんな感じか?

今回用意した、詰め物達。





以前から使ってきたポップストーン





メラニンスポンジ





低反発ウレタン





サウンドガード




吸音&遮音素材です。





二層構造になってますね。





ポップストーン ダクトの入口は、ちゃんと開けました。





メラニンスポンジ





低反発ウレタン





サウンドガード

測定はiPhone4で、ダクトの出口の近接測定です。

今回は、ダクトから漏れ出す音の、内部の詰め物による違いを検証してみようと思います。




バスレフチューニングの理論値

今回の測定では、青色の特性が本来の理論値になります。





まずは、吸音材を一切入れない状態。

共振点が60Hzくらいにきてますかね?

理論値と、それほどかけ離れてはいないようです。





続いては、ポップストーン

共振のピークが潰れているか??





メラニンスポンジ

共振点が50Hzに下がってますか??

より理論値に近付いた感じなのか??w





低反発ウレタン

共振点が60Hzに戻りましたか??





サウンドガード

共振点が潰れた代わりに、40Hzも出るようになってきた??

全体的に、低域の出方は、音圧低めになってしまった感じか??



どうなんでしょうねぇ、、、、。

今回の実験では、良くわからない感じでしょうか?


同じ、条件でインピーダンス特性の変化を見てみますか、、、、。


今回の実験では、どうもメラミンスポンジが良さげな感じはしますかね?

とりあえず、明日こそ休みなので、(今日は終日休みと思っていたら、朝から夕方まで仕事でした^^;)もう少し、実験してみましょうか?

慌てることはありません^^;





 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ