パターンC




パターンN




パターンK




パターンK




パターンC+K




パターンC




パターンC




パターンC




パターンK+C




パターンK+C




パターンK+C




パターンR




パターンR




パターンR 最短




パターンR 最長




パターンC 最短




パターンC 最長




パターンC 最長




パターン ノーマル

さて??

意味不明ですか??w





ビオゴン+新兵器のファーストインプレッションです!w

クローズアップフィルター、いわゆる、老眼鏡ですねw

キャノン製とケンコウ製、取り付けの為のステップアップリング、総合計で2900円ほどでした^^;

ケンコウの接写リングだけで、一万円以上しますので、クローズアップフィルターは安価ですね。

もちろん中古です^^;





パターンCがキャノン製クローズアップフィルター

パターンKがケンコウ製クローズアップフィルター

パターンC+Kは二枚重ね

パターンRが接写リング

パターンNがノーマルです。

エクステンションチューブと比較すると、合焦距離がかなり幅広くて、テーブル物とかには重宝しそうです。












プラナー45mmにパターンCで撮影




同じくですが、これだけ距離を取れるので便利です。

まあ、45mmより長い玉なら接写リング、35mmより短い玉なら、クローズアップフィルターの方が使いやすい感じでしょうか??

フィルターの場合、レンズを外す必要がないので、センサーにゴミが乗るリスクは回避できます^^



CONTAX Gシリーズの場合、レンジファインダーカメラなので、最短撮影距離は45cmまでしか対応していません。

それ以上近づけても、パララックス(視差)が生じて、ファインダー画面と、実際の映像がずれてフレーミングできないという事態に陥るわけです。

ライブビューと言う、20世紀では考えられなかった、新技術が、これほどまでの接写を可能にしてくれます。


実戦投入してみたいぞ!w