vega
NEX-3 CONTAX G-Planar35mm F2

さて、今夜は琴座付近です。

だんだん、地味な感じになってきましたが、今夜はますます地味な感じです^^;w

天文と言うのは、そう言う世界ですよw


vaga2

うーーん、、、。

見所はあまり無いですね^^;lw


Vega

とりあえず、琴座の一等星ベガから行きましょうか?

特徴的な三角形が目につきますので、直ぐにベガだと判別できるでしょう。


Vega

写真で見ても、三角形の暗い方の星の、向かって右側は二重星だと判別できます。

二重星と言っても、肉眼二重星と、本当の二重星では全く別の天体なんですが、ここでは肉眼二重星をそう呼ぶ事にしましょう。



vega3

写真では判別できないので、Starry Nightでシミュレーションしてみます。

これが、琴座の三角形です。


vega4

向かって左側、写真では二重星には見えなかった方も、拡大してみると肉眼二重星である事が分かります。

望遠鏡であれば、肉眼でも確認できると思います。



vega5

こちらは、向かって右側の方、、、、、。

確かに二重星ですけど、もっと拡大してみると、、、、、。


vega6

実は、二重星に見えていた、それぞれの星も、二重星である事が分かります。

これが、琴座のダブルダブルスターです^^

15cmクラスの望遠鏡であれば、倍率を上げてやれば、十分肉眼で確認できますね。

まあ、夏休みの天体観察には、面白いアイテムではあります^^


M57

あと、琴座の見所と言えば、リング状星雲、M57ですかね??


M57

この写真では、ほぼ判別不可能^^;w

望遠鏡でも15cmクラスからで無いと、楽しめない星雲だと思いますが、、、。

しかしながら、15cmクラスでも倍率を上げてやれば、リング状に見えて、確認できた時の喜びは、かなりの物ですよ?w


M57_1

写真の倍率だと、こんな感じかな??


M57_2

天文台クラスだと、こんな感じですね^^;w


M56

あとはM56くらいかな?


M56

まあ、一応写ってはいるんですけどねぇ、、、^^;w


M56

地味な球状星団です^^;


天体観測と言う物は、望遠鏡を見ている時間よりも、星図を見ている時間の方が長いくらいでしょうかね??

星図を眺めているよりは、こうやって、実際の写真を検証する方が面白みがありますし、物理的な明るさによる、判別は付きやすくて、狙いも定まると言う感じです^^;

この分野も、野鳥と同様に、長くて明るい玉が欲しくなったりしますので、非常に危険です^^;w

自動追尾できる赤道儀とかも、必須アイテムになってきますね。

せいぜい、こうやって星野写真で楽しんでいるのが、無難な感じかな、、、、w


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ