さて、デジタル時代の天文観測の面白さは、得られたデータをコンピュータで解析して行く所でしょう!w

早速StarryNightを使って検証してみましょうか??

これが、2011年12月13日午後8時頃の木星の様子です。

左に見えるのがスバルですね。




StarryNightでのシミュレーション

木星付近を拡大!


木星

Distagon28mmを等倍まで拡大してみましたが、これではさっぱり分かりません^^;w


tessar

Tessar50mmだと、ようやく衛星が写り込んでいる感じが分かりますかね??


gsonnar2

G-Sonnar90mmだと、もう少しクリアな像が得られます。

gsonnar

これもG-Sonnarですけど、、、、。

天体望遠鏡には「絞り」は付いていません。

二絞りほど絞ると、こんな感じになりました^^;w

星を撮影する為には、開放で十分な解像度とコントラストが必須と言う感じです^^

あとは、明るさでしょうか??

私の経験では、Plnnar85mmF1.4が最高にクリアでしたが^^;

天体用には、良いレンズだったなあ、、、、、。



木星
StarryNightでのシミュレーション


さらに、拡大してみましょう!


sonnar1

ここからはSonnar135mmF2.8の画像を拡大しています。


sonnar2


sonnar4


sonnar5


やはり、この程度の倍率では惑星は厳しい感じですね^^;w

木星の衛星は、天文ソフトのシミュレーションからすると、4つ写っているはずです。

だとすると、一番内側の衛星は、木星の光彩に完全に呑み込まれている感じですね。

まあ、木星とかになると、カメラレンズと言うよりは、望遠鏡で撮影した方が良さそうです。

土星も、挑戦してみたいですけどね??w




 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ