EaseUSPartition Master Free 11.9 | 最新バージョン



TeamViewer

さて、このVAIOですけど、、、、。

リカバリ済み状態で、ジャンクを購入しました。

アナログTVを録画できるのが発売当時は売りだったのかも知れませんけど??

もう、電波飛んでません!!w

んで、この当時のPC(最近もか??)の致命的に使えない点が、、、、。





リカバリ直後なのに??

C:の空き容量が、11.7GB!!

をいをいw

内蔵HDDは160GBのはずですが??

つまりですねぇ、、、、。

C:にわずか20GBしか割り当てられていない!!!

をいをいw

これじゃiTunes入れてiPhone4のバックアップとっただけで、破綻しますがな^^;w


まあ、もう一回リカバリかけて、C:の容量を確保すれば済む話ですけど?

既にSP3に更新するのに6時間くらいかかっています、、、、、。


アクロニスでパーテーション切り直せば済むと思ってましたが、、、、。

うちのアクロニスは機能限定版(LE)らしく、ドライブのバックアップ機能しか搭載されていません^^;

まぢか!!!


んなら??

USERホルダーそのものをD:に指定してしまうと言う方法もあります。

その場合コマンドプロンプトからx-copyツールを使って、データ移植後、レジストリを書き換える必要が、、、、、。


めんどくせぇ!!!





そこで!

今回、発見したのが!


EaseUS Partition Master Home Edition - Free



個人非商用なら、無料で使えます!!




起動して、、、、。





ドライブを選択










C:を最大限まで容量確保!!w





実行!!





確認すると、残り容量11GBが130GBになってる!!!


はっきり言って、、、、。


これはすごいぞぉ!!!!!!





しかも、Windowsを起動して、起動しているドライブの容量を自由自在に変更できてしまいますので、これほど簡単なツールはこれまで見た事がありませぬ!!!

アクロニスよりも、随分簡単で分かりやすいですね^^

(ただし、全て英語ですけど^^;w)



念のために、いくつか注意点を、、、、。


C:を確保する為に、D:から容量を移植しますので、D:は一旦バックアップをとって、フォーマットしてしまった方が良いでしょう。

データを置いたまま、パーテーションマップを変更すると、予期せぬアクシデントに見舞われかねません。


作業前には、必ずHDD診断ツールでハードウェアに異常が無いか確認する事!

不良セクタ等があった場合、最悪全データが吹っ飛ぶ可能性も否定できません^^;w


あくまでも、自己責任での作業になりますからね!!


まあ、バックアップ取って、リカバリし直してパーテーション切り直すのが一番安全だとは思います^^;



EaseUSPartition Master Free 11.9 | 最新バージョン



注)スクリーンショット撮影の為に、行程を再現していますので、一部本来と表示が異なる部分があります。

  現在はVer,11.9になっているようです。

  スクリーンショットはEaseUS Partition Master Home Edition - Freeの物です。