さて、今回の比較は、これが最後です。

どうなりますでしょうか??



DSC-R1




NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

こういう小さな花の場合は、焦点距離が50mmより長い方が有利な感じはしますね。

DSC-R1の焦点距離はテレ端で72mm、35mm換算で120mmの画角になります。

120mm相当で、最短撮影距離45cmなら、普通に小さな花を写すにはちょうど良い距離かも知れません。

Distagonは28mm(換算42mm)固定で、最短撮影距離は25cmです。




DSC-R1



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

被写界深度の違いが、描写に出てますねぇ、、、、。

Distagonは、万能レンズ的な使い方が出来ますけど、それでも、やはり広角レンズと言う感じ、、、。

絞りはF5.6まで絞っています。

むしろ、開放付近で狙いを定めた方が正解かも??




DSC-R1



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

近接撮影時に限って言えば、DSC-R1のぼけ方は、かなり柔らかくて奇麗です。

1m付近の対象を撮影した場合の背景はあまり奇麗ではありませんが、、、。

比較してみる事で、見えてくる特性と言う物もありますかね??

両方の中心部を拡大してみました。



DSC-R1



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8

DSC-R1の方が、描写にゆとりがあるように見えます。

Distagonのほうが、ピントが合っている範囲が狭く感じられるのは??なぜ??

拡大前のぼけ方を見ると、明らかにDistagonの方が深度が深いのに??

合焦範囲は狭いと言うのか??

ピントの山がピーキーと言う事なのか??

それともNEX-3の受光素子の特性なのか??



DSC-R1



NEX-3 CONTAX Distagon 28mm F2.8


まあ、それぞれに、得手不得手があるわけで、、、、。

みんな違って、みんな良いなんてオチになりそうですな、、、^^;


何れにしても、撮り比べと言うのは、レンズの特徴を理解するには良いですけど、良い写真が撮れる気が全くしません^^;w

ほんと、ピント合わせに終始しているだけで、やはり、どちらか一台だけで、真剣白羽で挑まないと良い写真にはなりませんし、光と陰の条件次第では、どちらも傑作を切り取るだけのアドバンテージは十分に所持している物と思われます。

うあw
メディア見たいな、面白みの無いまとめになってしまったw




↑この動画は、予告無く削除されます。

たぶん、、、、、。





 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索




Archives




カテゴリ別アーカイブ




最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: