CONTAX 167MT Distagon35mm F2.8 KODAK PKL コダクロームPRO 200

この写真はちょうど16年前1月17日の未明、金沢から南西の方角を撮影した写真です。

当時の私は、以下のようなコメントをネットに残しています。

偶然とは言え、生涯忘れる事の出来ない一枚になりました、、、、、。





ポストカード (もう一つの証言)

今回のポストカードは、1995年1月17日午前3時前後に撮影されました。

これは、いわゆる月光浴と呼ばれるジャンルの写真で、撮影者の背面からの月明かりによって、真夜中の雪原を撮影した物です。

その未明、空は実に穏やかで、風一つなく、満月が眩しいばかりに一面の銀世界を照らしていました。


雪の表面には、氷の粒達が宝石のように散りばめられ、空には六千の星達がますます輝きを増し、気圏はこの時ばかりは真空を取り戻し、大地と空と銀河の境はなく、すべてが一つの世界につながっていました。

普段は透明な銀河の世界にしか住めない妖精達も、いっせいに白銀に舞い降り、野山を思う存分駆けめぐっていました。

それはそれは、まだ誰も見たことのない、全く不思議な光景でした。


それから数時間後、あの地震が起こったのです・・・・・・。


地獄と極楽、そんな形容がふさわしい二つの光景でした。・・・・・・・。

六千人をこえる犠牲者と、きらきら輝いた妖精達、彼らはこんな疑問を投げかけてきます。



「おまえが大切にしている物は、本当にに大切な物か?。」

「おまえが美しいと信じている物は、本当に美しいのか?。」



大切な物、美しい物、正しいこと、我々にとって本当に必要なこと。

我々はそれらを一つに結んで行かなくてはなりません。

バラバラに引き裂かれた物達を、元のつながりに戻してやらねばなりません。


そのために今日ここに生かされている命だと信じます。





まだ、震災の記憶が生々しい時に書いたコメントですけど、、、、、。

この写真とともに、あの惨事をいつまでも忘れてはならないと感じますね、、、、。



犠牲者の、ご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

(合掌)








 

Comments

    • grahampenguin's comment
    • 2011年01月17日 22:18
    • とても幻想的でステキです〜♪^^

      16年前は奈良に居たかな? 年々歳々花はかわらぬが
      歳々年々、花を愛でる人の姿は移り変わって行く。

      神戸大地震も,その時の私も忘却されて行きますね。
      んでも、写真! とくにこのような素敵なのは記憶に
      末永く残ります〜♪
    • でくの's comment
    • 2011年01月17日 22:51
    • どうして?

      あの日、寒空の中、真夜中に写真を撮ろうなんて?

      思い立ったんでしょうか??

      確かに、月光浴写真には絶好の条件でしたけど、、、、。

      氷点下のもと、数時間格闘して、ようやく布団に潜り込んで、しばらくしてから、今までに経験した事の無い揺れに見舞われました。

      金沢でも、過去に経験した事の無い揺れでした。

      本当に怖かったですけど?

      更なる恐怖は、テレビを付けてからでしたね、、、、。
    • ポヨポヨ's comment
    • 2011年01月22日 18:45
    • 素晴らしい光景ですね!!
      神々しいほど、これが月光写真なのですか。

      あの震災は忘れられませんね。
      華やかなルミナリエの画像を目にすると、
      見事に復興を果たしたように思えますが、
      帰らぬ方々、また生き残った方たちの心の傷は癒えたかどうか・・・・・。

    • でくの's comment
    • 2011年01月22日 23:27
    • ポヨポヨさん:

      あの日の、未明、、、、。

      本当に同じ日に、このような神々しい光景が、撮影された言う事が、未だに不思議でなりません。

      一枚の写真なんですけど、、、、。

      色々と、感じる物があると思います。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ