さて、FOSTER FF70EGがデスクトップに復帰しました^^;

なんで??

別に深い意味はありません^^;w

あと、MacなのにWindows Up Dateの画面になっているのも、突っ込まない方向で、、、、。



先ずは、FFTですかね?

50Hz〜10kHzまでは、かなりフラットに近く出ています。

この辺はセッティングなんで、実際には3kHz付近にピークがあるはずです。

音源はピンクノイズ、リスニングポジションで2ch同時出力です。



参考までに、Peerles 930986の特性を載せておきます。
まあ、FF70EGは、高域は延びていないのが分かりますか?

とはいえ10kHzまでフラットなら問題は無いと思います^^;w

7cmユニットで箱の容量は2Lくらいですか?
低音に関しては、必要十分に出ていると思います。

ちなみに8cmユニットだと4L前後、5cmユニットだと200ccくらいが適当な容量になる場合が多いようです。

さすがに4Lはデスクトップでは圧迫感がありますけど?
2Lだと、随分収まりが良くなりますね^^;

5cmユニットだと、まともな低音再生はちょっと無理かな?
今後、検証してゆく予定です^^;




オシロでの評価に移りましょうか?

1kHz



500Hz



250Hz




125Hz



100Hz



90Hz



80Hz



70Hz



60Hz

さすがに乱れだしたか?
ポートの共振付近でしょうか??




50Hz

振幅が足りない感じかな??



40Hz

崩壊しましたね?w



30Hz

無理無理w



20Hz

基音は全く出てきません^^;

まあ、オシロでの評価はこんな感じですけど?

実際の聴感では、70Hz付近から、色んな所が共振していました^^;

PeerlessとTBのは、中空にグラウンドアンカーを固定して、ユニットのお尻でマウントしていますが、FF70EGは、普通にフレームにネジで締め付けただけです^^;

データには反映されていませんが、お尻マウントの威力を感じましたね、、、。

勿論、実際に音楽を流して、聴こえるような共振ではないです。
サイン派単音と言う特殊な条件下でなければ、聴こえませんが、、、、。

それでも、超安価ユニットでこれだけの低音再生能力は、絶賛に値するとは思いますけどね?


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索




Archives




カテゴリ別アーカイブ




最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: