さて、エージングも結構進んだようなので、実測してみました。




こんな感じですね、、、、、。

ちょっと、ハイ上がりな感じかな??

とはいえ、かなり優秀な特性ですね^^




BASS+3(+6dB)で、バランスが取れる感じ、と、聴感で言いましたけど?
赤色が、BASS+3の特性です^^;

これは、かなりの物でしょう??w

ただ、2kHz〜3kHzにかけての音圧が高くなるようですね、、、。

10kHz付近のピークは、実際に測定してみると、それほど強くはないようです。

やはり、2〜3kHzのピークが、音色に影響を与えている感じでしょうか?




黒:総合特性
緑:インピーダンス特性
赤:ユニットの近接測定
青:バスレフポートの音

バスレフポートは、もう心持ち短めでも良いかも知れませんね、、、。




黒:Peerless 830986
赤:TangBand W3-881SJ

やはり、TBの方が、バランス的には優れていますし、低音の音圧も十分と言う感じですね。

ただし、20kHzの尖ったピークは除外してみないと、正確な比較はできないでしょう、、、、。



インピーダンス特性の比較

黒:Peerless 830986
赤:TangBand W3-881SJ

Peerless 830986の方がF0が低いようです。




ユニットの近接測定

黒:Peerless 830986
赤:TangBand W3-881SJ





バスレフポートの近接測定

黒:Peerless 830986
赤:TangBand W3-881SJ

何れのユニットも、8cmユニットとしては、十分に使えるユニットと言えそうです。

Fドメイン比較だと、全く性格の異なる、両ユニットの違いは、視覚的には見えてこないですけどね、、、。




にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索




Archives




カテゴリ別アーカイブ




最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: