バザーでは、このモデルが一番注目を集めました^^;w
若い女子が「かあいい!!」とか、、、、w

そうか?
かわいければ受けるのか??w



iPhoneでの、簡易測定はこんな感じでした。



実際に測定すると、こんな感じ、、、。

うーーんiPhoneも侮れませんな^^;w

低域はiPhoneではブーストしていましたので、だいたい来ている感じかな??

TAKE5の箱は、やはり変な癖が出ませんね、、、、。
10kHz過ぎのディップは気になりますけど^^;

チューニングはホースあたりで、径が合う物を探す方が良いのか?
現在は短いストローを詰めてありますけど?
鳴かせると言うよりは、高域の漏れを軽減させているだけと言う感じ、、、、。

まあ、この大きさだと、ダクトが鳴いた所で、低域が盛り上がるとは思いませんが、、、、^^;




オリジナルと比較してみましょうか??



赤がオリジナル
10kHzちょいのディップを除けば、かなり安定しているように見えますね、、、、。
ダクトが鳴いてもこの程度です^^;w



インピーダンス特性

こちらも、赤がオリジナル

オリジナルの方が、ダクトはきちんと仕事してますね^^;;







Fosterとの比較(赤がFoster)

うーん、、、、、w
だからと言って、聴感でELECOMが勝っているとは感じませんけど??w

1インチもドライバー次第で、相当使えそうに見えますねえ、、、、、。
1Lもあれば、かなり大型の箱と言えるんでしょうか?
100Hzまで持ってこれれば行けるんじゃないかな?

口径的に無理なのか?w


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村






 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索




Archives




カテゴリ別アーカイブ




最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: