DSC00343


さて、試作した二つのダクトを比較してみますか?
チューニングポイントがずれていますので、ちょっと微妙か?



DSC00539


先ずは、トリプルダクトの方から、、、、。


ピクチャ 1



シミュレーションはこんな感じ、、、、。
容積からすると、どうしても100Hzあたりで、多少フラットから落ち込む感じです。
8Lくらいあれば、50Hzまで、フラットに伸びてくるんですけど、、、、、。

実容積3.7Lでは、限界ですかね、、、、、、。

ピクチャ 3


実測値はこんな感じです。

シミュレーションと比較してみると、左側の山が10Hzほど、右に移動しています。
どうも、このスリットは、共振点がシミュレーションより高くなる傾向があるようですねえ、、、。

実際には、シミュレーションは径30mmのダクトで算出していますが、トリプルダクトの合計は5mm×90mmです。
断面積的には、約750と450、少し開口面積が足りない?

しかしながら、この箱では、これが物理的に限界です。
これ以上の開口面積を確保するためには、もっと大きな径の断面にダクトをマウントする必要があります。

この辺りも、設計上の重要なポイントと言えますね。

ピクチャ 4


黒が軸上30cmで測定したもの、緑がインピーダンス特性、赤がユニットの近接測定、青がダクトからの近接測定です。

シミュレーションと比較すると、赤のカーブがやはり右に10Hzずれていますね。
青のピークが100Hzより上になっているのも、気になりますねえ、、、、。


DSC00532


次に、ツインダクトと比較してみます。


ピクチャ 1


共振点が100Hzくらいになっています。


ピクチャ 5


F特の比較

黒がトリプル、赤がツイン。

微妙、、、、。


ピクチャ 6


インピーダンス特性

こちらも、黒がトリプル、赤がツイン。

共振点の違いははっきり出ていますか?

ピクチャ 7


ユニットの近接測定

こちらも、共振点の違いははっきり出ていますが、トリプルダクトの方が、高域の特性が暴れています。

ダクトの入り口が狭いんで、内面反射が多発してる??
ユニットと、向かい合っている板面には、何か一工夫必要でしょうか?

ちなみに、スーパーソルは1/3に減らしています。
あれが、詰まっていれば、反射の影響は減るか?

ピクチャ 8


ダクトの近接測定

こちらも、共振点の差は、そのまま出ている感じでしょうか?
その差が、総合特性の差になって出てこないのは?

なんでだ??

高域の漏れもトリプルダクトの方が多いですねえ、、、、。

あとは、ダクトの解放部分の細かいところの作り込みもやりたいところですけど、、、、。

粘土パテとかを使えば、簡単にできそうですけど、再調整可能な素材で行きたいですねえ、、、。

何が良いかな??

ツインダクトの方は、風切り音はほとんど感じませんが、トリプルダクトの方は、プラダンほどではないですけど、多少の風切り音がしています。
細部を作り込んでゆけば、もう少し改善されるのか、、、?

ここまで、やってきて、PE-101Aは、LANSINGのユニットと比べると、2WAY的な音作りで、全体的には反応が鈍い感じ、よく言えば、どっしりしていて、高域がセンタードームで、奇麗に鳴ってる感じでしょうか?

ただ、再生できるレンジが広いので、教材としては、色々な事が分かってよいユニットだとは思います。

さすがにALTECの8cmユニットは、前回検証したように、150Hz以下はサブウーハーに任せるような構成になってますので、100Hz以下の音に関しては、ユニットが悪いのか?箱が悪いのか?
判別が付かないような状況もありましたし、プラダンでも、それほど風切り音が出なかったりしました。

まあ、少しずつ、進んで行きましょう、、、、、。

その間に、山ほど溜まった、ジャンク箱の処分も考えながらねぇ、、、^^;


DSC00539


先ずは、トリプルダクトの方から、、、、。


ピクチャ 1



シミュレーションはこんな感じ、、、、。
容積からすると、どうしても100Hzあたりで、多少フラットから落ち込む感じです。
8Lくらいあれば、50Hzまで、フラットに伸びてくるんですけど、、、、、。

実容積3.7Lでは、限界ですかね、、、、、、。

ピクチャ 3


実測値はこんな感じです。

シミュレーションと比較してみると、左側の山が10Hzほど、右に移動しています。
どうも、このスリットは、共振点がシミュレーションより高くなる傾向があるようですねえ、、、。

実際には、シミュレーションは径30mmのダクトで算出していますが、トリプルダクトの合計は5mm×90mmです。
断面積的には、約750と450、少し開口面積が足りない?

しかしながら、この箱では、これが物理的に限界です。
これ以上の開口面積を確保するためには、もっと大きな径の断面にダクトをマウントする必要があります。

この辺りも、設計上の重要なポイントと言えますね。

ピクチャ 4


黒が軸上30cmで測定したもの、緑がインピーダンス特性、赤がユニットの近接測定、青がダクトからの近接測定です。

シミュレーションと比較すると、赤のカーブがやはり右に10Hzずれていますね。
青のピークが100Hzより上になっているのも、気になりますねえ、、、、。


DSC00532


次に、ツインダクトと比較してみます。


ピクチャ 1


共振点が100Hzくらいになっています。


ピクチャ 5


F特の比較

黒がトリプル、赤がツイン。

微妙、、、、。


ピクチャ 6


インピーダンス特性

こちらも、黒がトリプル、赤がツイン。

共振点の違いははっきり出ていますか?

ピクチャ 7


ユニットの近接測定

こちらも、共振点の違いははっきり出ていますが、トリプルダクトの方が、高域の特性が暴れています。

ダクトの入り口が狭いんで、内面反射が多発してる??
ユニットと、向かい合っている板面には、何か一工夫必要でしょうか?

ちなみに、スーパーソルは1/3に減らしています。
あれが、詰まっていれば、反射の影響は減るか?

ピクチャ 8


ダクトの近接測定

こちらも、共振点の差は、そのまま出ている感じでしょうか?
その差が、総合特性の差になって出てこないのは?

なんでだ??

高域の漏れもトリプルダクトの方が多いですねえ、、、、。

あとは、ダクトの解放部分の細かいところの作り込みもやりたいところですけど、、、、。

粘土パテとかを使えば、簡単にできそうですけど、再調整可能な素材で行きたいですねえ、、、。

何が良いかな??

ツインダクトの方は、風切り音はほとんど感じませんが、トリプルダクトの方は、プラダンほどではないですけど、多少の風切り音がしています。
細部を作り込んでゆけば、もう少し改善されるのか、、、?

ここまで、やってきて、PE-101Aは、LANSINGのユニットと比べると、2WAY的な音作りで、全体的には反応が鈍い感じ、よく言えば、どっしりしていて、高域がセンタードームで、奇麗に鳴ってる感じでしょうか?

ただ、再生できるレンジが広いので、教材としては、色々な事が分かってよいユニットだとは思います。

さすがにALTECの8cmユニットは、前回検証したように、150Hz以下はサブウーハーに任せるような構成になってますので、100Hz以下の音に関しては、ユニットが悪いのか?箱が悪いのか?
判別が付かないような状況もありましたし、プラダンでも、それほど風切り音が出なかったりしました。

まあ、少しずつ、進んで行きましょう、、、、、。

その間に、山ほど溜まった、ジャンク箱の処分も考えながらねぇ、、、^^;
 

Comments

    • ら〜ぼ's comment
    • 2009年07月20日 00:34
    • 内容積に対してユニット口径が大きすぎると、中の圧力に負けてしまって低音が出なくなりがちでタイヤに空気を入れるのに、不釣合いの大口径のピストンポンプで押してる感じです。

      風切音のほうは、縁に粘土を盛ると、たぶん消えると思います。
      エアファンネルのような感じです。
      http://www.e-seed.co.jp/products/category_3442/
      表側は扇型のスペーサーの外側、内側はドーナツ板の外側に。

      ただし、ラッパのようにダクト断面積を徐々に広げてしまうと、ダクト長があいまいになって共振しにくくなります。斜めにカットしたダクトも同じことです。
      共振範囲は広がりますが共振強さは弱まります。
    • ら〜ぼ's comment
    • 2009年07月20日 00:38
    • そうそう、大きな丸穴を空けられるのなら、筐体そのものを穴に差し込んで、前後を分けるバッフル板を作ってみるのはどうでしょう?

      ユニットの音とダクトの音を干渉させずに測ることができます。
    • でくの's comment
    • 2009年07月20日 20:06
    • ら〜ぼさん:

      >内容積に対してユニット口径が大きすぎると、中の圧力に負けてしまって低音が出なくなりがちでタイヤに空気を入れるのに、不釣合いの大口径のピストンポンプで押してる感じです。

      パイオニアの推奨箱は、小さい方が5Lで、100Hzまでフラットに出るようです。
      実際には後、1.3Lくらい大きな箱でないと、100Hzまでフラットは厳しいようですねえ、、、。

      >風切音のほうは、縁に粘土を盛ると、たぶん消えると思います。
      >エアファンネルのような感じです。

      なるほど、ホーンロードがかからないような、開口ですね?

      >そうそう、大きな丸穴を空けられるのなら、筐体そのものを穴に差し込んで、前後を分けるバッフル板を作ってみるのはどうでしょう?
      >ユニットの音とダクトの音を干渉させずに測ることができます。

      確かに、38cmくらいのリングは作れますけど?
      バッフルだと、おなかを直撃して無理です^^;

    • ら〜ぼ's comment
    • 2009年07月20日 22:01
    • >パイオニアの推奨箱は、小さい方が5Lで、

      たぶん5Lでも小さいです。3.7Lだと…
      車のタイヤに、浮き袋用の空気入れ(あの黄色い蛇腹のやつ)で入れてる感じがします。
      空気のバネが硬すぎてストロークしないですよね。
      バスレフもバネ振動なのでバスレフ共振にも不利です。

      >なるほど、ホーンロードがかからないような、開口ですね?

      単純にダクトの縁の風切音対策です。
      ダクトの口を斜めから口で吹いても鳴らなければOKだと思います。
      エンクロージャー外部側と内部側の両方共です。

      >バッフルだと、おなかを直撃して無理です^^;

      一体で作らなくても構わないじゃないですか。
      周りは適当な板を井桁に組んでもいいですし。

      ロクロ側にセンターピンと刃を固定するのは危険ですよね。
    • でくの's comment
    • 2009年07月20日 23:18
    • ら〜ぼさん:

      これまで、出たとこ勝負で、設計と言う事をやってきませんでした、、、、。
      それで、まぐれ当たりで、良い物ができるはずが無い!w

      箱の容積は、最低8L必要と言うシミュレーションが出ています。
      しかしながら、8Lのデスクトップ用スピーカーは、かなり無理がありますねぇ、、、^^;

      PE-101Aに関しては、デスクトップと言うよりは、少し余裕のある箱に入れて、本来の音を聴いてみたいです。

      デスクトップ用となれば、多彩なユニットが出回っている8cmクラスを追い込んでゆく方が現実的でしょうかね?

      >ロクロ側にセンターピンと刃を固定するのは危険ですよね。

      血を見そうですね、、、^^;

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索




Archives




カテゴリ別アーカイブ




最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: