DSC00257


せっかくなので、PE-101Aを普通のバスレフに入れてみました。
どうなりますやら??w





DSC00258


微妙にCF204とはネジ穴の位置が合わないんですけど、、、、、。
M3の細めのネジを使う事で、ギリギリマウントできます。


ピクチャ 1


こんな感じですねえ、、、、。


ピクチャ 1


↑シミュレーションの特性と比較しても、遜色ありませんか?
やや、100Hz付近が弱い感じか?

ビギナーズラック?ですか??
何も考えずに、初めて作った箱の特性がこれです^^;

やれやれ、、、、。
今まで、何をやってきたんでしょうかねぇ、、、、。

ピクチャ 2


黒が総合特性、赤がインピーダンス、青がユニットの近接測定。
シミュレーションと比較してみてください、、、、。


ピクチャ 3


黒がパイプダクト、赤がアルミスリットの特性です。

MySpeakerの場合、鋭いピークがあると全体のバランスを押し下げてしまうので、その辺を考慮したとしても、低域100Hz前後の安定感が全く違いますねえ、、、、。

中域から高域にかけても、ピークやディップが多いのがアルミダクトの方ですねえ、、、。
10kHz付近のパイプダクトの落ち込みが少し気になります、、、、。

なんだろ??


ピクチャ 4


インピーダンス特性、黒がパイプダクト、赤がアルミダクトです。
この大きさの箱だと、やはり、パイプの長さはもう2cmほど切り詰めるのが、正解でしょうか??


とりあえず、今回の実験で、アルミダクトはやはりうまく動作していない事が分かりますねえ、、、。


ピクチャ 2


密閉との比較。
赤が、密閉です。

これまで、バスレフが密閉に勝てないとか、、、、。
言ってましたが、確実に良くなってますよね?

普通のバスレフの方が、制作も簡単で、特性も良い??
普通に戻すべきか??

さて?
どうしますかね、、、、?w