IMG_0263


さて!

ナノコートスーパーソルを作ってみましょうか?w

できるのか?
まあ、できるでしょう^^;

問題は、効果があるのかどうかですね?

先ずは、泥をボールに入れます。



IMG_0264


水を少々入れます。


IMG_0265


良くかき混ぜたら、篩で漉します。


IMG_0266


滑らかな泥が出来上がりました!


IMG_0267



そこに、スーパーソルを投入します!


IMG_0268


軽くかき混ぜて、篩で漉します。


IMG_0269


こんな感じですね^^;


IMG_0270


窯に入れて、、、、。


IMG_0271


600度で焼成してゆきます。

まあチョコクッキーの要領ですかね??

私自身は、窯業に関してはプロですんで^^;
これで、素焼きの粘土でコーティングされた、ナノコートスーパーソルが焼けると思います。

問題は、温度ですかね?

本当は、700度くらいで焼きたいところですけど、そこまで温度を上げると、ガラスが変質を始めるかもしれません、、、。
まあ、600度は無難な線かな?

素焼きの陶器自体は、吸水性のある、ナノ単位(ミクロかも?)の多孔質です。

効果があるかどうかは?
ちょっと予測不能ですけど、簡単に作れますので、試してみる価値はあるかな?

この感じだと、一窯で50L程度は、一度に焼成可能でしょうし、、、、。

まあ、何事も、思いついたら実践でしょうか?w

_DSC4410


予想していた通りに焼き上がりました^^
素焼きにはなっていますので、粉とかはそれほど落ちてきません。
勿論、擦ったりすれば、素焼きも粉になりますが、、、。


_DSC4413


断面はこんな感じですね、、、。
少しピントが甘かったですか?

表面のみ、素焼きでコーティングされている感じですね。

これだけのために、窯を焚くなんて!
もったいない!!??w

いえいえw

_DSC4414


余熱を利用して、作品を乾燥させるのには、ちょうど良いです。

600度程度なら、電気代も400円ほどしかかかりませんしね、、、。

余熱で、温度を上げて、常温までさますと、中の湿気が奇麗に抜けるはずです、、、、。

いよいよ、PE-101Aの音が聴けるんですね!!!

期待と不安が、、、、^^;