IMG_0257


さて、小さい方もチューニングしてゆきます。
今回は新兵器を入手しました^^;




IMG_0255


やっと、欲しかった、ルーター用の丸鋸をゲット!W
とは言っても、900円も出せば、おつりがくるんですけどねぇ、、、、。

その900円が、なかなか捻出できないのよねぇ、、、、^^;

IMG_0253


なんで?
今まで手に入れなかったのかな、、、、?w

あり得ないくらい、仕事が速くなります^^;
おまけに、断面が奇麗で、後の加工が楽!

IMG_0256


インストールしてゆきます。

IMG_0262


こんな感じですねぇ、、、。

研ぎ出すと、ストローの断面が汚くなりますね、、、。
ストローを入れるのは、外周を研ぎ出した後の方が正解だな^^;

IMG_0260


音は?

まあ、普通に鳴っている感じですけど?

シミュレーションでも、劇的な変化は期待できない感じでしたが、、、^^;
実際もそのようです、、、、。

IMG_0259


測定して、比べてみるか?

先ずはALTECから、、、。

090413altec


↑こちらがストローとゴムパッキンの特性

ALTEC090423


こちらが、プラダンで作ったダクトの音。

ALTEC090423_2


同じく、もう片チャンネル。

うーん、、、、^^;
どうなんでしょうねえ??w

あんまり代わり映えしない?

ゴムパッキンを揺すぶる低音って?
以外と出てたのか?

位相的には、70Hzあたりで反転している感じでしたから、、、、。

そうか!
位相を反転させずに、低音が盛り上がると、効果は薄くても、全体的には、出ているように聴こえるって?
ことか??

まあ、バスレフも、このユニットだと、もう少し共振周波数を高めに取った方が?良いのかも??
100Hzくらいが正解なのかな?


そして、こちらがJBL

JBL090423s


ストローとゴムパッキン

比較試聴のため、まだ片CHしか制作していません^^;

これは、特性が揃っていないので、同じユニットで、以前測定したデータを載せます。

090413JBL1


こちらが、同じ箱のストロー+ゴムパッキン。

JBL090423


そして、こちらが、プラダンで作ったダクトの方、、

うーん、、、、。

代わり映えしないと言うか?
微妙に負けてる感じが、、、、^^;

逆相にしないで、低音を盛り上げる方法かあ、、、、、、、^^;
パッシブラジエーターか?