IMG_0126


さて、それでは、一番小さい方のシステムのチューニングをしてみましょうか?
周波数特性は既に測定しています。

090413JBL1


こんな感じですね、、、、、。

ピクチャ 1


共振80Hzの理論値

ピクチャ 2


100Hzの理論値

ピクチャ 3


110Hzの理論値、、、、。

ピクチャ 4


120Hzの理論値、、、、。

うーん、、、、。
実測値とかけ離れてる??

実際には結構低音が出ているように聴こえますしねぇ、、、。
なんだろ??

スーパーソルが、エンクロージャー容積を増やす効果を示してるのか?w
わからんw

実際には300ccも無いと思うけど、、、^^;

ピクチャ 5


多少ドーピングしても?
こんな感じか?

とりあえず、この数値でダクトの設計をしてみるか?w
(かなり違う感じがするが、、、、、)


ピクチャ 6


とりあえず、3cmだとこんな感じ。

ダクト設計図21


共振はおこるのか?w

ピクチャ 10


4cmだとこんな感じ、、、。

ダクト設計図22


まあ、現実的でないわけではないか?w



ピクチャ 7


5cm、、、、、。

ダクト設計図23


どれもこれも?
的外れの予感が、、、。

一応、3cmで試作して、音を聴いてみるかな?

しかしながら、超小型で、結構低音が出てるのは、少なくともダクトの音じゃない感じがするなあ、、、^^;