_DSC3878


美しくないダクトなんて?

ない方が良いんじゃないか?

魔法使いにそそのかされて、スリット型のシステムをいくつも制作していますけど?
一応、実証実験はやっておいた方が良いんじゃないかな?w

と言うことで、スリットの効果を実証してみることにした^^;


_DSC3892


実験するにも、金がなくて材料を買えない状態だったが、知り合いの車屋から電話がかかってきて、以前私が、サポートしたパソコンが、「変なセキュリティ関係のメッセージが頻繁に出るようになった!」とか、、、?

まあ、モバイルセレロンにXPと言う仕様だったんで、Win2000Proを買って、HDD交換して、メモリー増設で6万円ほどもらったやつなんで、行かないわけにはいかんやろ?

4年くらい前かな?Win2000Proの在庫が、金沢でもまだ残っていたのはラッキーだったw
メモリーと一緒に購入して、2万円ほどだったと記憶している。

このCDは貴重だな^^;

実際に4年前のXP搭載マシンより、Win2000Proにモバイルセレロン800MHzの方が、遥かに機敏に動作していた^^;

そら、喜ばれたもんですわw

で、行ってみるとウイルスソフトのAVGがおかしいのか?
よくわからないけど、AVGはVer8にしないと、サポートが4月12日で切れるはずなんで、どっちみち入れておかなければ、、、、。

Win2000に対応しているのか?
心配だったが、ちゃんと対応していた!

偉い!AVG!!

あと、Windows Up Dateが60項目未インストール状態だった、、、。

エラー吐いてたのは?
こっちか?

まあ、エラーと言うよりは?
警告か??w

それも全てインストールしたんで、これで大丈夫でしょう?w

で?

「いくらだ?」

と聞かれて、いつも世話になってるから、と言って、2千円で良いです!

と言ったら、5千円くれた!

ラッキーー!

ってんで、、、、。

部材を買ってきた^^

ネジとかだけで、3,366円^^;
泣けてくる><;

早く、定額給付金くれ!w
給付金出たら、ネジを山ほど買ってやる!w

って?金沢は、5月以降の予定だそうな、、、^^;


_DSC3879


部材が揃ったんで、早速実証試験に参りますかな?w

解体してゆきます。

_DSC3880


醜いダクトを、ぶった切ります!!

_DSC3881


ガムテープで塞いで、、、、。

_DSC3882


組み立ててゆきます。

前回は、部材が不足して、間に合わせみたいな、組み立て方をしたんで、今回は選りすぐりのネジを使いました!w

とりあえず1mmのゴムを3カ所に固定して、1mmのスリットで音だし!

_DSC3885


こんな感じかな?

_DSC3889


それから、ガムテープで塞いだダクトに、前面から、これでもか!
と言う量のホットボンドを流し込んで、完全に塞いだ!

この状態で、音を聴いてみたが、低音は微風と言う感じ、、、、、。
それでも、スリットから逆相の中高域が漏れてる感じか、、、、。

低音の音圧が上がらない上に、逆相の中高域が干渉して何ともへんてこな音、、、、。

それなら、1mmのゴムを2枚重ねて、スリットを2mmにすれば?
低音が、漏れ出した中高域を凌駕するのか!?

と思いきや、、、、。

漏れ出した中高域が完全に低音を消し去ってるし、、、、。

360度解放のスリットって、、、、?
もしかしたら?

とんでもない失敗なのか!!!!!

っていうか、汚いダクトの方が、奇麗な音だったぞ?w
継ぎ目からの、空気漏れさえ無ければ、かなり完成度の高い音だったと思う、、、、。

構想自体が?
失敗なんじゃないのか!?

もう一度、スリットを1mmに戻して、強く締め付けて0.5mmくらいにしたら、中高域の漏れは緩和されたが、、、、。
低音が出ない、、、、、^^;

何とも中途半端な音だ、、、、。

っていうか、スリットの音って、ネジの閉め具合一つで音が変化する!?w
こんなんじゃ、やってられん、、、、^^;

途方に暮れる、、、、、、。

勿論、この箱は、スリットから低音を引き出そうなどという発想は全く考慮していないから、元々無理が有るのか?

それにしても、ユニットを背面からマウントする影響で、スリットの長さなんて、十分に確保もできないから、この状態とさほど違いは無いはず、、、、。

作っている物が?全部失敗だったのか??????????

_DSC3890


そもそも、360度解放と言う発想そのものに無理が有るのかもしれない、、、、。
と言うことで、5mm幅のスリットを、3方向だけ解放してみることに、、、、。

ん?
以外と行けるな!

低音が出てきた!!

少し暴れてる感じか?

_DSC3891


さらに解放面積を狭めて、4方向にしてみた!

おお!
これなら、普通に使える音だ!

と言うより、ダクトと空気漏れが干渉している状態よりも、きれいな音になった!

実際には、3方向から解放で、もう少し開口面積をしぼるのが正解のように思う。

その上で、スリットから低音を導き出すように専用設計したシステムなら、もっと色んな試みが試せそう!

360度解放は実用的でないことが判明したが、チューニングの幅の広さでは、ダクトの比ではない感じ^^;

やりようによっては、いくらでも特性がコントロールできそう、、、、。
それだけに、使いこなしの難しい(楽しい)システムになりそうだ!w

果たして?
使いこなせるのか?w

_DSC3894


まあ、焼き上がるのは、来月かな?