_DSC0716


さて、新しくできあがった物を視聴してみました。
勿論、iBookG3のiTunesでも聴き比べましたが、今回はCDの音で比較してみることにしました。

まあ、圧縮音源と、CDからの音では、やはりかなり違いますね^^;








_DSC0717


今回は、SA/F80AMGと比較してみました。
まあ、大きさも違いますし、ホームシアター用のスピーチレンジという感じのユニットですので、比較することにどんな意味があるのか?w

疑問ではありますけど^^;

_DSC0719


使用したCDプレーヤーはpioneerのDV-555と言う型番の、DVD再生専用デッキです^^;
オーディオファンから見ると「それ!CDプレーヤーじゃないだろ??」
と、おしかりを受けそうですけど^^;

それでも、数千円で投げ売りされている下のデッキに比べれば、再生専用でも4万円ほどの値段が付いていたモデルなので、多少クオリティは上がっていると思われますが^^;
DVDオーディオ再生機能を、付けておいて欲しかった、、、、。


_DSC0720


これを、手に入れたのは、下のDVDデッキが音飛びするようになって、使い物にならなくなったからです、、、。
それでも、iBookに比べると、情報量も豊富で、低域の量感が特に高い感じはしますね。


_DSC0722


ついでに、アンプもVictorのミニコンポと、TA2024デジタルアンプとで比較もしてみました。

で、、、、、。

実際に聴いてみた感想ですが、、、、。

今回の箱は、デスクトップ用と言うことで、最小限の大きさにしてあります。
ユニットも、紙ですし、低音は全く出ませんねw
逆に言うと、SA/F80AMGが8cm径でありながら、どうして?この小さな箱で、これほどまでに?低音の量感が出せるのか?
不思議に感じるくらいです。
二回り大きな箱に入れたALTECのCF404-8Aと比較しても、低音の量感では、完全に勝っています。

参考までに、ALTECとSA/F80AMGの周波数特性を比較してみましょうか?



SA/F80AMG



ALTEC CF404-8A

やはりSA/F80AMGの方が、良く制御されている感じでしょうか?
高域のピークが強すぎるので、ちょっと、比較しても分かりづらいかな、、、、、?

今回のPanasonicのユニットは、まだ測定していませんけど^^;
測定結果は後ほど掲載します。

で、実際の聴感なんですけど、確かに、サイズが小さい分、ナローレンジなんですが、例えばアートペッパーのサックスのソロが、良く歌っているのがPanasonicの方なんですよね、、、、。

質感も、紙っぽい感じなんですけど、何か実在感がすごくリアルに感じられる、、、、。

逆にSA/F80AMGに切り替えると、いきなりベースの音が鳴り出して、ああ、、、ベース演奏していたのね、、、?ってくらい違うわけですけど、アートペッパーが、奥に引っ込んで行く感じ、、、、。

なんだろ??
SA/F80AMGの場合10kHz以上の帯域に、尖ったピークがあるために、その辺の音が、繊細さを表現していると同時に、中音域を物足りなく感じさせているんでしょうか?

逆にALTECは5kHz付近にピークがありますしね、、、、。

音源をCDにして、より多くの情報量を与えてやることで、ナローレンジもなんだか気持ちの良い音になる感じです。
静かに、ペッパーと対話したいと願う分には、小さい方がより親密にペッパーを受け入れることが可能になる感じです。

ついでに、同じ構成で、アンプもデジタルに変更してみましたが、Victorのミニコンポは、低音の量感はある物の、輪郭が不明瞭になり、解像しきれない感じがしますけど、デジタルアンプでは解像度は高く、描写もくっきりしています。

しかしながら、アナログと比べると、量感はぐっと減りますね、、、。
バランス的には、低域が物足りない感じ、、、、。

アナログアンプは、バランスはよいし、潤いのある音だけど、少しぼやけた印象かな?
デジタルの方は、解像度は高く、立ち上がり、立ち下がりもスピード感を感じますが、少しガサガサした感じでアナログと比べると、潤いが足りない感じかな?
解像度が高いと言っても、何か、実像では無い、虚像を見せられているような印象も受けますね、、、。

と言うか、この二つのアンプの比較自体が、とてつもなくレベルの低い物のように思えてきます^^;
(まあ、実際、その通りなんですけど、、、、)

今回比較したスピーカーはALTECも含め、全てスーパーソルを内蔵しています。
スーパーソルを入れると、不必要な音が排除されるため、ユニットの生の音を引きずり出してくる感じでしょうか?

それに応えるだけのアンプとなると、どうしても、物足りない感じになるんでしょうかねぇ、、、、。
(音源もですけど^^;)

ただし、あくまでも追求して行くのはデスクトップHiFiなんで、CDプレーヤーとかに投資する余裕は無いというか、このくらいのCDダイレクトの音は、軽く凌駕して貰わないと、、、、^^; w


_DSC0717


今回は、SA/F80AMGと比較してみました。
まあ、大きさも違いますし、ホームシアター用のスピーチレンジという感じのユニットですので、比較することにどんな意味があるのか?w

疑問ではありますけど^^;

_DSC0719


使用したCDプレーヤーはpioneerのDV-555と言う型番の、DVD再生専用デッキです^^;
オーディオファンから見ると「それ!CDプレーヤーじゃないだろ??」
と、おしかりを受けそうですけど^^;

それでも、数千円で投げ売りされている下のデッキに比べれば、再生専用でも4万円ほどの値段が付いていたモデルなので、多少クオリティは上がっていると思われますが^^;
DVDオーディオ再生機能を、付けておいて欲しかった、、、、。


_DSC0720


これを、手に入れたのは、下のDVDデッキが音飛びするようになって、使い物にならなくなったからです、、、。
それでも、iBookに比べると、情報量も豊富で、低域の量感が特に高い感じはしますね。


_DSC0722


ついでに、アンプもVictorのミニコンポと、TA2024デジタルアンプとで比較もしてみました。

で、、、、、。

実際に聴いてみた感想ですが、、、、。

今回の箱は、デスクトップ用と言うことで、最小限の大きさにしてあります。
ユニットも、紙ですし、低音は全く出ませんねw
逆に言うと、SA/F80AMGが8cm径でありながら、どうして?この小さな箱で、これほどまでに?低音の量感が出せるのか?
不思議に感じるくらいです。
二回り大きな箱に入れたALTECのCF404-8Aと比較しても、低音の量感では、完全に勝っています。

参考までに、ALTECとSA/F80AMGの周波数特性を比較してみましょうか?



SA/F80AMG



ALTEC CF404-8A

やはりSA/F80AMGの方が、良く制御されている感じでしょうか?
高域のピークが強すぎるので、ちょっと、比較しても分かりづらいかな、、、、、?

今回のPanasonicのユニットは、まだ測定していませんけど^^;
測定結果は後ほど掲載します。

で、実際の聴感なんですけど、確かに、サイズが小さい分、ナローレンジなんですが、例えばアートペッパーのサックスのソロが、良く歌っているのがPanasonicの方なんですよね、、、、。

質感も、紙っぽい感じなんですけど、何か実在感がすごくリアルに感じられる、、、、。

逆にSA/F80AMGに切り替えると、いきなりベースの音が鳴り出して、ああ、、、ベース演奏していたのね、、、?ってくらい違うわけですけど、アートペッパーが、奥に引っ込んで行く感じ、、、、。

なんだろ??
SA/F80AMGの場合10kHz以上の帯域に、尖ったピークがあるために、その辺の音が、繊細さを表現していると同時に、中音域を物足りなく感じさせているんでしょうか?

逆にALTECは5kHz付近にピークがありますしね、、、、。

音源をCDにして、より多くの情報量を与えてやることで、ナローレンジもなんだか気持ちの良い音になる感じです。
静かに、ペッパーと対話したいと願う分には、小さい方がより親密にペッパーを受け入れることが可能になる感じです。

ついでに、同じ構成で、アンプもデジタルに変更してみましたが、Victorのミニコンポは、低音の量感はある物の、輪郭が不明瞭になり、解像しきれない感じがしますけど、デジタルアンプでは解像度は高く、描写もくっきりしています。

しかしながら、アナログと比べると、量感はぐっと減りますね、、、。
バランス的には、低域が物足りない感じ、、、、。

アナログアンプは、バランスはよいし、潤いのある音だけど、少しぼやけた印象かな?
デジタルの方は、解像度は高く、立ち上がり、立ち下がりもスピード感を感じますが、少しガサガサした感じでアナログと比べると、潤いが足りない感じかな?
解像度が高いと言っても、何か、実像では無い、虚像を見せられているような印象も受けますね、、、。

と言うか、この二つのアンプの比較自体が、とてつもなくレベルの低い物のように思えてきます^^;
(まあ、実際、その通りなんですけど、、、、)

今回比較したスピーカーはALTECも含め、全てスーパーソルを内蔵しています。
スーパーソルを入れると、不必要な音が排除されるため、ユニットの生の音を引きずり出してくる感じでしょうか?

それに応えるだけのアンプとなると、どうしても、物足りない感じになるんでしょうかねぇ、、、、。
(音源もですけど^^;)

ただし、あくまでも追求して行くのはデスクトップHiFiなんで、CDプレーヤーとかに投資する余裕は無いというか、このくらいのCDダイレクトの音は、軽く凌駕して貰わないと、、、、^^; w


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ